道路構造令・種別と等級

はじめに

道路に種別・等級があることは、ご存じでしょうか。

道路の新設・改良の際に、基準となる構造――言い換えれば規格を定めたものです。道路法第30条第1項・第2項に基づき、「道路構造令」(1970年10月29日政令第320号)で詳細を決めています。

道路構造令の基準を満たさない道路もあります。これは既存する道路の基準を示した政令ではなく、新設・改良の際に適用されるからです。基準を満たしていない未改良の道路が、法令に反するわけではありません。

道路の種別

種別の分類は、二通りあります。

  1. 市街地または市街化が見込まれる都市部か、地方部か
  2. 高速自動車国道を含む自動車専用道路か、それ以外か

第3条第1項により、種別は表1の4種に分けられます。

表1 道路の種別
道路の別  地域の別地方部都市部
高速自動車国道および自動車専用道路第1種第2種
その他の道路第3種第4種

道路の等級

第3条第2項で規定します。等級を分ける基準は、第2種を除き自動車の1日当たり計画交通量です。計画の段階で、道路管理者が定めます(市町村道は市町村、都道府県道は都道府県または政令指定市、そのほかは国土交通大臣)。

表注
計画交通量は、1日当たりの自動車通過台数です。

自動車専用道路

第1種・地方部

高速自動車国道
表2-1 第1種道路の等級
地形の別\計画交通量30,000以上20,000以上 30,000未満 10,000以上 20,000未満 10,000未満
平地部第1級第2級第2級第3級
山地部第2級第3級第3級第4級
高速自動車国道以外の自動車専用道路
表2-2 第1種道路の等級
地形の別\計画交通量30,000以上20,000以上 30,000未満 10,000以上 20,000未満 10,000未満
平地部第2級第2級第3級第3級
山地部第3級第3級第4級第4級

第2種・都市部

表3 第2種道路の等級
道路の別大都市の都心部以外の地区大都市の都心部
高速自動車国道第1級
上記以外の自動車専用道路第1級第2級

その他の道路

第3種・地方部

一般国道
表4-1 第3種道路の等級
地形の別\計画交通量20,000以上4,000以上 20,000未満 1,500以上 4,000未満 500以上 1,500未満 500未満
平地部第1級第2級第3級第3級第3級
山地部第2級第3級第4級第4級第4級
都道府県道
表4-2 第3種道路の等級
地形の別\計画交通量20,000以上4,000以上 20,000未満 1,500以上 4,000未満 500以上 1,500未満 500未満
平地部第2級第2級第3級第3級第3級
山地部第3級第3級第4級第4級第4級
市町村道
表4-3 第3種道路の等級
地形の別\計画交通量20,000以上4,000以上 20,000未満 1,500以上 4,000未満 500以上 1,500未満 500未満
平地部第2級第2級第3級第4級第5級
山地部第3級第3級第4級第4級第5級

第4種・都市部

表5 第4種道路の等級
道路の別\計画交通量10,000以上4,000以上 10,000未満 500以上 4,000未満 500未満
一般国道第1級第1級第2級第2級
都道府県道第1級第2級第3級第3級
市町村道第1級第2級第3級第4級

道路法第30条

道路構造令公布の根拠である道路法第30条を引用します。

(道路の構造の基準)

第三十条
道路の構造の技術的基準は、道路の種類ごとに左の各号に掲げる事項について政令で定める。

「道路の構造の技術的基準」は、種別・等級別に道路構造令で詳しく定めています。

本稿では、このような種別・等級に分類されることを知っていただければと思います。