泊原発国道代替ルート

広域避難ルート

泊共和線の計画ルートが明らかになりました。

図1について
  • ズームアウトは、初期画面より1段階まで。
  • 赤い線は参考図面を基に再現を心がけましたが、正確性・精密性は一切保証いたしません。実際のルートと誤差が生じることをご承知おきください。

図1・北海道電力泊原子力発電所の周辺。道道泊共和線の計画ルートを赤色の線で示す。青色の線は泊原発関係者用の緊急代替ルート。「ラベル」クリックで、地図用のルートや位置を表示し、「航空写真」で非表示になります。 起点側中間部終点側泊原発航空写真線を消す) 初期画面へ

周辺の避難道路として整備された古平神恵内線・当丸峠は、しばしば冬に通行止めとなります。幹線道路は他に、積丹半島沿いの一般国道229号だけです。泊原発周辺から内陸へ移動する際、蕨岱国富停車場線や一般国道276号に交通が集中する恐れもあります。大津波が発生した場合、袋小路になってしまいます。

さらなる緊急避難路を整備すべく、関係町村は幾度も要望を行ってきました。以下の案が取り沙汰されるも、財源や費用対効果の問題で具体化は進みませんでした。

  1. 蕨台古平線の未供用区間を結ぶ。
  2. 茅沼鉱山泊線の起点と、蕨台古平線の共和側を結ぶ。
  3. 蕨台古平線の共和側と、発足線の起点を結ぶ。
  4. 発足線の起点と一般国道5号を結ぶ。

東日本大震災の発生後、防災対策を見直す目的で開催を重ねた「北海道原子力防災計画の課題抽出に係る有識者専門委員会」は、海岸線以外の代替路線の必要性を報告書に盛り込み、北海道へ提出しました(2011年11月21日)。

これを受け、事態は一気に進展します。

翌12月7日の道議会予算特別委員会の席上、高橋はるみ知事が避難路建設を表明したのです。

道道を認定する議案が2012年最初の議会に提出され、可決されました。同年3月30日付で認定され、路線名は泊共和線です。

上記2・3・4を組み合わせて、行き止まりの道道3路線を避難路として生かしました。 延長は 14.8km(うち未開削 10.8km)で、3工区に分けられます。

  • 茅沼工区▲ 茅沼市街の郊外で茅沼鉱山泊線から分岐する 3.9km。泊村と共和町を結ぶ 1,720m のトンネルのほか、130m と 30m の橋梁2か所を新設し、蕨台古平線と交差します。
  • 発足工区▲ 既存の町道を拡幅改良し、発足線とも重複する 3.8km。橋梁3か所のほか、道路新設箇所もあるようです。
  • 国富工区▲ 森の中をゆく 7km。870m と 1,260m のトンネル2か所と、橋梁3か所を新設します。水松沢(おんこのさわ)貯水池の南西と辰五郎沢を経由し、国富の一般国道5号に至ります。

規格は車道 5.5m に路肩が両方向とも 1.25m ずつ。トンネル内の路肩は 0.5m ずつです。総事業費は250億円で、うち国が150億円、道が100億円を負担します。完成は2022年度の予定です。緊急性が高いことから、最優先で事業が推進されるものと思われます。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンで横幅が 400px を下回る時、記述の倍率と異なる場合があります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
2万5千分の1地形図「茅沼」(平成20年更新。約1.6倍に拡大)。
図2・起点となる泊村茅沼村周辺。2万5千分1地形図「茅沼」(2008年更新)を約1.6倍に拡大。
2万5千分の1地形図「銀山」(昭和61年修正測量。約1.6倍に拡大)。
図3・終点となる共和町国富周辺。2万5千分1地形図「銀山」(1986年修正測量)を約1.6倍に拡大。

発電所の周辺

2011年11月11日付北海道新聞朝刊に、「泊原発 国道の代替道路除雪」という見出しの記事が、代替道路のルート図とともに掲載されました。

2011年冬から除雪するのは図1▲の青色で示した道路で、泊村道・共和町道です。普段はテロ対策のため封鎖されており、除雪もされませんでした。

ところが2011年3月に発生した東日本大震災の際、原発の敷地内を通る一般国道229号は津波の恐れで通行止めとなり、原発内にいた関係者約1,300人が閉じ込められました。

そこで、高台を回る町村道を除雪して、通年で原発内へ通じるルートを確保します。除雪は、北海道電力が担当します。町村道の幅員は 5.5m です。舗装されているようですが、路面状態は良好とはいえないでしょう(図1・航空写真の青い線を消し、共和町側の終端を拡大▲)。記事を読む限り、北電関係者のために確保する代替道路で、一般車両の通行は想定していないと思われます(文脈から判断いたしました。実際のところは分かりません)。

参考文献
  • 『北海道新聞』(2011年3月25日付朝刊・2011年12月8日付朝刊)
  • 泊原発周辺で高まる避難道路要望-複線化や行き止まり解消(『北海道建設新聞』。2011年11月14日)
  • 泊原発の避難道路、道が13年度から250億円投じ整備へ(『北海道建設新聞』。2012年5月21日)
  • 北海道防災会議原子力防災対策部会有識者専門委員会
  • 『平成23年度 公共事業(大規模等)事前評価調書』(北海道建設部)