生きている正おにぎり型道道標識

下川町・ペンケ下川停車場線

正おにぎり型道道標識に関する情報提供を呼びかけていたところ、zwiebelさんより写真をいただきました。polestar24.jpさん(北海道ドライブの記録)と現地を訪れ、発見されたとのことです。

写真A~写真Dは拡大できません。

写真A。ペンケ下川停車場線の正おにぎり型道道標識(zwiebelさん撮影)。
写真A。現役の正おにぎり型道道標識。錆が進行しつつも、判読は可能だ。

zwiebelさんによりますと、ペンケ下川停車場線の起点付近で、行き止まり側に向いてひっそり立っているそうです。

錆(さび)が進行しており、一部の文字は判読不能です。標識柱もかなり錆びています。現地で見た zwiebel さんは「あとどの程度持つのか不安があります」というコメントを寄せています。

特徴である正おにぎり型をとどめており、路線名より小さい文字で「一般」と表記しているのが分かります。判読困難な部分は「道道」で間違いありません。標識の色が濃紺でないのは、時間の経過によって色があせたのでしょう(筆者の記憶違いかもしれませんが…)。

写真1を拝見して、筆者自身の古い印象が甦りました。昔のヘキサはおにぎりだった?で再現した図を修正しました。

写真B。ササやぶの中に立つ標識(zwiebelさん撮影)。
写真B。ササやぶの中に立つ。標識柱の錆具合が分かる。

この標識が現在まで生きながらえたのは、なぜでしょう。周辺は鉱山跡(注)という、いわば廃墟です。現在も残る排水処理施設より奥に位置しているためか、整備の目がゆき届かず、標識が更新されずにきた。半ば放置された結果ではないかと推測されます。

注・鉱山跡

旧下川鉱山。1934(昭和9)年より銅の採鉱を開始。1941年、三菱金属鉱業が買収。一時は道内銅生産量の8割を占めた。1973年の従業員は570人。1982年閉山(『北海道地名大辞典』より)。

現在は排水処理施設が稼働。

5万分の1地形図「下川」(昭和48年修正)。約1.5倍に拡大。
図1。下川鉱山が健在だった1970年代。採鉱地は集落の南方、トンネルの出口にあったようだ。5万分1地形図「下川」(1973年修正)を約1.5倍に拡大。
5万分の1地形図「下川」(平成7年第2回編集)。約1.5倍に拡大。
図2。廃鉱から10年以上経過した1990年代初めの周辺。5万分1地形図「下川」(平成7年第2回編集)を約1.5倍に拡大。
写真C。周辺の風景(zwiebelさん撮影)。
写真Cは周辺の風景。夏期は標識が見えにくくなるかもしれない。
写真D。標識の裏側(zwiebelさん撮影)。
写真D。標識の裏側は相当に錆びている。

正おにぎり型道道標識が現役で残っているのは、奇跡としかいいようがありません。zwiebelさんも「初めて現物を見ました」といいます。

できることなら、このまま静かに標識の寿命を全うしてほしい。そう願わずにはいられません。1960・1970年代の面影を色濃く映す、貴重な道道遺産です。

発見されました zwiebel さんと polestar24.jp さん、ありがとうございました。

写真の撮影日
2008年5月6日(上川郡下川町班渓にて、zwiebel さん撮影)
関連サイト