歌登町営軌道の旧線その1・全貌を見る

歌登町営軌道の旧線とは

簡略に説明します。

北海道の簡易軌道唯一である、毛登別トンネルが開通したのは1947年です。1929年の開通当初は北へ大きく迂回し、峠を越えるルートでした。旧国鉄興浜北線の休止に伴い、第二次世界大戦末期には枝幸を結ぶ唯一の交通機関となり、急勾配の解消と輸送力増強のため、新ルートを建設します。

旧ルートに関し、『歌登町史』(1980年11月発行)は次のように書いています。

毛登別三線で分れ、三線の沢(炭鉱の沢)を遡り、小頓別の下手、長屋の沢に越えるものであった。この間の峠が勾配が急で、貨物の輸送に困難を生じ、またたびたび客車、貨車の暴走事故を起すなど、その改善が望まれていた。

毛登別トンネルが開通したのは興浜北線が復活した後で、間もなく歌登と枝幸の間が廃止されました。

トンネル開通以前のルートに関する文献は少ない。『鉄道廃線跡を歩く3』(宮脇俊三編著、JTB、1997年)に掲載され、『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』(JTB、1998年)に再録された「全国 廃線鉄道地図」の旧ルートは不正確で、この図からルートの実際を想像するのは難しい。『日本鉄道旅行地図帳 1号〔北海道〕』(2008年5月17日発売)の18・19ページでは、図1に近い形で旧ルートが掲載されています。もっとも、詳細は触れていません。

このたび、1948年5月に米軍が撮影した空中写真を入手しました。写真には毛登別トンネルルートとともに、旧線跡が鮮明に残されていました。

1940年代後半は、運行主体が北海道庁から軌道運行組合、さらに歌登村(町制施行は1962年)へ移行した時期です。混乱を避ける意味もあり、一連の記事では路線名の表記を「歌登町営軌道」に統一します。

接続する国鉄線の路線名は当時、北見線でした。こちらも同様の理由で、表記を天北線に統一します(北見線から天北線への変更は、1961年4月1日)。

旧線の全貌

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンで横幅が 400px を下回る時、記述の倍率と異なる場合があります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
2万5千分の1地形図「上頓別」(平成18年更新)を約1.2倍に拡大。
図1。赤色が歌登町営軌道の旧線。毛登別トンネル経由に比べて、かなり迂回している。2万5千分1地形図「上頓別」(2006年更新)を約1.2倍に拡大。画像のサイズは724ピクセル×300ピクセル。
図1について
  • この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものである(承認番号 平20業複、第1078号)。
  • ※承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合は、国土地理院長の承認が必要です。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真A・1977年の9月25日~10月20日撮影。旧線廃止から30年後の空中写真。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・合成・縮小。元画像の縮尺は1万5千分1。

旧線の全ルートを図示したのが図1▲です。小頓別から毛登別峠へ向かう途中で急曲線を描いており、ルート選定に苦心したことがうかがえます。

旧線廃止後30年を経た写真A▲から、さらに30年以上が過ぎました。

次ページからは航空写真をもとに、小頓別から毛登別へ向かう旧線跡をご紹介します。モノクロ写真は、1948年5月7日米軍撮影の空中写真(国土地理院保有。縮尺は1万5千865分の1)です。写真の上辺が真北を向いていないため、角度を補正しました。カラーの空中写真は、国土交通省の国土画像情報より引用しました。

全体の構成

  1. 全貌を見る-本稿です。はしがきと、ルート全体を俯瞰する地形図・写真を掲載。
  2. 長屋の沢へ-小頓別駅から、現国道と交差して、長屋の沢沿いまで。
  3. 毛登別峠-旧線で最も難所とされた峠越え。
  4. 炭鉱の沢へ-三線の沢に沿って、新線との合流点まで。
  5. 毛登別トンネルと旧道-毛登別トンネル経由のルートと、道道枝幸音威子府線の旧道について。