北海道道 認定・変更・廃止の告示日年表

はじめに

現行の道路法施行(1952年12月5日)以降の、道道の認定と廃止、路線の名称や起点・終点の変更に関する告示の日付とその番号を、年代順にまとめました。表は10年ないし20年単位で分けています。

年表の日付または告示の番号をクリックすると、その日に生まれ、消え、あるいは名や中身を変えた路線たちの、起点と終点等の一覧表があります。

表の見方で不明な点は、凡例をご参照ください。

本表各ページへのリンク

主な告示

告示年月日内容
1954(昭和29)年3月30日105本を認定。主要道道指定等により、旧道路法の路線を廃止(76本)。
1957(昭和32)年7月25日117本を認定(後日追加あり)、旧道路法の路線を廃止(137本)。
1964(昭和39)年5月8日最後まで残っていた、旧道路法の路線を廃止。
1965(昭和40)年4月1日 主要道道指定により、路線を整理(12本認定・11本廃止)。
1970(昭和45)年8月22日国道昇格により、路線を廃止(12本)。
1972(昭和47)年2月4日主要道道指定により、路線を整理(19本認定・19本廃止)。
1976(昭和51)年8月31日主要道道指定・国道昇格により、路線を整理(29本認定・39本廃止)。
1982(昭和57)年10月12日主要道道指定・国道昇格により、路線を整理(16本認定・26本廃止)。
1993(平成5)年4月9日国道昇格により、路線を廃止(13本)。
1994(平成6)年4月1日主要道道指定により、路線を整理(33本認定・32本廃止)。
1994(平成6)年9月30日路線番号の一部を再編(主要道道151本・一般道道141本)。

告示日年表の凡例

北海道道 認定・変更・廃止の告示日年表
告示日認定告示認定本数変更告示変更本数廃止告示廃止本数総数備考
1954/03/30503号105504号1505号1110告示504号は実質の認定。総数に含む。
1982/03/29574号1808
1982/04/01590号12589号14591号2818認定と廃止は同年3月31日付で施行。変更は告示と同日。

認定・変更・廃止の告示日年表

  • 実際に認定・変更・廃止した日について、ここでは施行日と表記します。
  • 表の告示は、すべて北海道告示です。告示の番号は、年ごとに振り直されます。
  • 情報量や画面の大きさに応じて、初期画面で表示する項目が変わります。表示されない項目は、整理番号左横の+をクリックするとご覧いただけます。
  • 最上列の行見出しがスクロールすると追随します。ただし並べ替えは機能いたしません。改めて並べ替えをする際など、備考に表示される「表の先頭へ」、または告示日に表示される「先頭」をクリックしてください。

告示日

  • 認定・路線の変更・廃止に関する告示を公布した日付です。ただし、告示日と施行日は一致しない場合があります。その場合は、備考欄に施行日を記入します。
  • リンクのある日付は、クリックするとその日の告示を表示するページへ移動します。

認定告示

  • 道道を認定する告示の番号です。
  • リンクのある番号は、クリックするとその告示を表示するページへ移動します。変更告示・廃止告示も同様です。

変更告示

  • リンクにマウスを合わせると、ツールチップで告示の題名を表示します。
  • 以下の内容を変更する告示の番号です。
    • 路線名。
    • 認定時に定めた起点または終点。
    • 重要な経過地。
    • 道路法第7条第1項の該当号。

廃止告示

  • 道道を廃止する告示の番号です。

本数

  • 対象の路線数を、認定告示・変更告示・廃止告示のそれぞれ右に示しました。

総数

  • 告示日時点での道道の総本数です。変更告示の本数は計算に含みません。変更告示の本数を含む場合は、備考欄に注記します。

備考

  • 施行日のほか、注記する事項を記入します。

その他

  • PCでは告示日と各本数、スマホでは告示日で昇順・降順の並べ替えが可能です。

各表へのリンク

認定・変更・廃止告示の凡例

  • ここで使用する情報は、北海道公報および北海道掲示場掲示より取得したものです。
  • 情報量や画面の大きさに応じて、初期画面で表示する項目が変わります。表示されない項目は、整理番号左横の+をクリックするとご覧いただけます。
  • 対象路線の多い告示では、整理番号と道路法該当号が昇順・降順で並べ替え可能です。
  • 対象路線の多い告示では、最上列の行見出しがスクロールすると追随します。ただし並べ替えは機能いたしません。改めて並べ替えをする際など、路線名横に表示される「先頭へ」をクリックしてください。
  • 最初の告示(1953年3月23日)へ

認定告示の場合(1954年3月30日北海道告示)

廃止告示も同様です。

第503号(道道の路線の認定)
整理番号路線名起点終点重要な経過地道路法該当号
35本別新得線中川郡本別町北見通(道道幕別西足寄線交点) 1957年3月30日変更上川郡新得町字新得(1、国、38号線交点) 1993年4月1日変更士幌村、鹿追村 1993年4月1日変更1
63当別浜益港線石狩郡当別町(道道石狩当別線交点) 注3▼浜益郡浜益村浜益港1
72滑若新冠停車場線新冠郡新冠村字滑若(道道荷負静内線交点)新冠郡新冠村新冠停車場沙流郡門別町6
告示について
条文では「札幌、夕張線」のように読点が入っている路線名があります。本稿では、読点を省きました。
注1
交点の石狩当別線は旧道路法で認定された路線。1957年7月25日廃止。
関連ページ

各項目の説明

告示の題名

時期により、微妙に異なります(「道道路線の認定」「道道の路線認定」など)。本サイトでは、以下に統一します。

認定
道道の路線の認定
変更
道道の路線の変更・道道の路線の認定(等)の一部改正
廃止
道道の路線の廃止
※変更告示の違いについて
道道の路線の変更
  • 路線認定の根源たる目的を損なわない範囲内で、起点・終点・重要な経過地を移動するとき。
  • 上記に当てはまらない変更の場合、旧路線を廃止し、新たな路線を認定する必要があります。
道道の路線の認定の一部改正
  • 下記の理由により、路線名等を変更する場合です。
    • 外的要因の変更(市町村名や字名を変更したり、港湾・空港・駅・公園・インターチェンジ等の名称を変更したりしたとき)。
    • 路線の起点と終点を入れ替えたとき。
    • 過去にさかのぼって内容を変更する場合、告示の題名を「道道の路線の認定等の一部改正」とします。

変更告示の違いについて、次の文書を参考にしました。

  • 『路線認定、区域決定及び供用開始等の取扱について』(1954年11月17日の建設省道発第416号・道路局長通達。各都道府県知事・各地方建設局長・北海道開発局長・五大市長あて)
    ※注
    1954(昭和29)年当時の五大都市は、京都市・大阪市・横浜市・神戸市・名古屋市を指します。

告示の条文

告示の冒頭には、次のような条文が書いてあります(2014年7月18日北海道告示第10586号より)。

道路法(昭和27年法律第180号)第7条第1項の規定により、平成26年7月4日道道の路線を次のように認定した。

その関係図面は、北海道建設部建設政策局維持管理防災課に備え置いて、告示の日から2週間、一般の縦覧に供する。

平成26年7月18日

北海道知事 高 橋 はるみ

  • 本サイトでは、「道道の路線の認定の一部改正」を除き省略します。なお「道道の路線の認定の一部改正」の告示は、文章のみで表はありません。本サイトでは、新旧の比較を分かりやすくするため表を使用します。あわせて、条文の全文または抜粋を表示します。
  • 告示は1961年まで縦書きで一部漢数字使用、以後は横書きです。本サイトでは原則すべて横書きとし、路線名と本文を直接引用する場合を除いて半角算用数字とします。

前後のページへのリンク

  • 最初の告示表の先頭に、該当告示の1つ前・1つ後の告示へのリンクを設けています。

告示が複数ある場合

  • 最初の告示表の先頭に、各告示表へのページ内リンクを設けています。

表の見出し

  • 告示日と施行日が異なる場合は、施行日を併記します。

整理番号・路線名

  • 認定または廃止当時の整理番号(路線番号)・路線名です。
  • 誤字等への対応は、起点・終点の項に準じます。

起点・終点

  • 告示条文にあるものを表示します。廃止の告示で、旧市町村名や旧路線名が記載してある場合も、そのまま表示します。
  • ただし、次の点を変更しました。
    • 明らかな誤字は修正します。
    • 誤りと認められる地名等は修正し、脚注で原文を示します(一部、筆者の判断で原文を修正せず、脚注で「原文ママ」と表記し、筆者の解釈を注記する場合があります)。
    • 起点・終点が道道交点であるとき、「道道」を省略したり「道々」と表記したりする場合があります。本サイトでは「道道○○線交点」に統一します。
    • 旧字体は新字体に直し、「告示について」で注記します。ただし「檜山」と「桧山」、「峯」と「峰」は原文のまま表示します。
    • 漢数字は路線名にのみ使用します。

告示内容の変更

  • 表示している内容のうち、その後に路線名・起点・終点を変更している場合は各項目に変更日を注記し、リンクをクリックすると該当の告示へ移動します。
  • 重要な経過地を変更している場合は、変更日を注記したリンクへ移動します。
  • 変更の告示がないにもかかわらず、認定時と廃止時で内容が異なる場合はそのまま表示し、脚注で補足します。

重要な経過地

  • 主な経由地です。告示に記載がある場合に表示します。

道路法該当号

告示について・脚注

  • 該当の告示全般について注記したい事項があるとき、表の下に「告示について」を設けています。内容は随時加筆します。細部の変更は更新情報(公開準備中)に掲載しません。
  • 路線名・起点・終点・重要な経過地欄で補足説明をするとき、脚注があることを表示して同一ページ内の脚注にリンクします。

関連記事等

  • 記事の最後に、参考となる記事・サイトへのリンクを設ける場合があります。

変更告示の場合(例・1965年3月26日北海道告示)

第555号(道道の路線の変更)
整理番号新旧の別路線名起点終点重要な経過地道路法該当号
305神居古潭納内深川線旭川市神居町神居古潭雨竜郡深川町納内村、一已村4
305神居古潭深川線 1982年4月1日変更旭川市神居町神居古潭 1982年4月1日変更深川市6

新旧の別

  • 1967年までは上段が旧で下段が新。1968年以降はその逆です。
  • 新旧の別以外は、認定・廃止告示に準じます。
  • 並べ替え機能は非対応です。