岩内港線七変化

起終点を幾度も変えた道道

岩内港線は、岩内港と一般国道229号を結びます。総延長が 2km に満たないこの道道は、起終点の位置を度々移動してきました。3か所の起点と4か所の終点による、6とおりのルートが調査結果で判明しており、まさに七変化です。起終点が分かりにくいためか、地図によってルートの違いが見られます。

代数期間地図表示
初代1957年7月25日-1964年4月9日
二代1964年4月10日-1972年4月24日
三代1972年4月25日-1987年7月8日
代数期間地図表示
四代1987年7月9日-1992年12月17日
五代1992年12月18日-1996年11月7日
六代1996年11月8日-現在

図1・岩内港線の路線図。ルートは赤い線で表す(初期画面は現ルート)。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 初期画面を表示

ルート変更の経緯

三代→四代

町道波止場通り線・同59号線を道道に昇格するため、認定時から変わらなかった起点を図1▲のF地点からE地点へ、終点をA地点からD地点へ変更しました。

写真A・Bは国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング(引用に際し、色補正をしています)。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。

写真A・1976年8月26日撮影、旧国鉄岩内駅周辺。岩内駅は広い構内を有していた。縮尺は1万分1。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。

写真B・1993年7月14日撮影。整備後の岩内町道59号線(旧道道)。旧岩内駅前は道の駅へ、構内はバスターミナルへ生まれ変わった。初代~三代までの道道岩内港線全ルートが収まる。元画像のの縮尺は1万7千分1。引用に際し、角度を補正した。

E地点と現ルート交点を結ぶ岩内町道59号線が道道へ昇格したのは、1985年7月1日の旧国鉄岩内線廃止から2年あまり経過した時期です。当時は幅員が 5.5m の未舗装区間を含んでいました。これを改良すべく、道道に昇格したと考えられます。工事は1990年度から1991年度にかけて実施されました。

波止場通り線はF地点とD地点を結ぶ町道で、この一部を昇格させたのは流雪溝工事が関係しているのかもしれません。工事の完了とともに、D地点からC地点へ終点を移した可能性がありますが、四代→五代のルート変更をはじめ、本稿に記している以上の内容は未調査です。

五代→六代

流雪溝事業完了のためです。

流雪溝は道路の路肩に溝を掘る施設で、そこへ雪を投入し、水の力で融かして流します。

岩内町の流雪溝は海水を利用する点が特徴で、河川水より融雪に向いているそうです。

五代目ルートで昇格した区間のうち、字御崎・C地点まで 338m の工事完了に伴い、終点をA地点に戻しました。そして市街地の区間は道道のまま維持するため、起点をB地点へ変更したと考えられます。

なおE地点から現ルート交点までの約 182m は、流雪溝の設置が一部にとどまっているようです。

岩内港線は先に書いた区間を除き、新旧全ルートで流雪溝が完備されました。

上記2例は、起点→終点の方向が変更前後で反対になる、珍しいケースです。

関連する告示(道道岩内港線)

起点・終点の変更に関する全告示を掲載します。

1959年8月31日北海道告示第1435号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字万代岩内港から
岩内郡岩内町字万代西7番地先(2級国道小樽江差線交点)まで
12.56m から 19.92m まで720.00m
告示注
  • 初代ルートの全区間を定めた。
  • 起点の地番がなく、1964年の告示と比べて終点の地番が異なる。
  • 原文は「国道等との重複区間」の項目が「備考」となっている。延長から察するに、図1▲のF地点が当初の起点とみて間違いないだろう。
1964年4月10日北海道告示第839号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字万代18番6地先から
岩内郡岩内町字万代174番地先(2級国道小樽江差線交点)まで
12.72m から 12.72m まで138.00m
岩内郡岩内町字万代18番6地先から
岩内郡岩内町字万代14番7地先まで
18.00m から 18.00m まで199.00m
岩内郡岩内町字万代14番7地先から
岩内郡岩内町字万代13番13地先(2級国道小樽江差線交点)まで
22.00m から 22.00m まで134.00m
告示注
  • 終点の位置を、図1▲のG地点からA地点へ変更した。
  • 旧ルートは、町道駅前通り線へ移管された。当初は旧岩内駅前で右折するルートであった。
  • 「字万代174番」は、現在の「字万代10番1」に相当する。
  • 当時の告示は「変更前後の別」の項目が「新旧の別」となっており、しかも新→旧の順に告示するので、現在とは逆である。本稿では混乱を避けるため、表記を統一した。
1972年4月25日北海道告示第1375号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字大和11番8地先から
岩内郡岩内町字万代34番2地先まで
18.00m から 18.00m まで74.49m
同上18.00m から 18.00m まで129.66m
告示注
  • 図1▲のF地点から南下すると、三角形の交差点がある。この一辺を短絡していたルートを、二辺を通るルートに変更した。
  • 旧ルートは町道万代広場通り線へ移管された。
1987年7月9日北海道告示第1100号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字万代52番1地先から
岩内郡岩内町字大浜1番17地先(一般国道229号交点)まで
17.50m から 39.50m まで992.30m一般国道229号重複 L = 19.00m
岩内郡岩内町字万代45番11地先から
岩内郡岩内町字万代1番1地先(一般国道229号交点)まで
17.00m から 59.00m まで1,178.97m一般国道229号重複 L = 11.00m
告示注
  • 起点の位置を、図1▲のF地点からE地点へ、終点をA地点からD地点へ変更した。
  • F地点付近の旧ルートは、町道波止場通り線へ移管された。
  • A地点へ通ずる延長 126m の区間は町道に移管されたのち、9年後に再び道道へ昇格している。
  • 「字大浜1番17」は、字万代13番13と道路を挟んで隣り合う地番である。
1992年12月18日北海道告示第1930号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字万代35番8地先から
岩内郡岩内町字万代1番1地先(一般国道229号交点)まで
17.00m から 24.50m まで479.20m一般国道229号重複 L = 11.30m
岩内郡岩内町字万代35番8地先から
岩内郡岩内町字御崎6番19地先(一般国道229号交点)まで
17.00m から 25.00m まで869.00m一般国道229号重複 L = 22.80m
告示注
  • 終点の位置を、図1▲のD地点からC地点へ変更した。
  • 旧ルートは、町道波止場通り線へ移管された。
1996年11月8日北海道告示第1703号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
岩内郡岩内町字万代46番4地先から
岩内郡岩内町字御崎6番19地先(一般国道229号交点)まで
18.00m から 59.00m まで1,569.00m一般国道229号重複 L = 23.00m
岩内郡岩内町字大和23番14地先から
岩内郡岩内町字万代13番13地先(一般国道229号交点)まで
18.00m から 25.00m まで1,338.06m一般国道229号重複 L = 19.00m
告示注
  • 起点の位置を、図1▲のE地点からB地点へ変更した。町道海岸通り線の一部が昇格、終点をC地点からA地点へ変更した。
  • 旧ルートのうち、C地点へ通ずる道は町道万代御崎通り線へ、E地点より始まる道は町道59号線へ移管された。
  • E地点の地番が1987年の告示と異なっているものの、ルート自体は同じ。