東口から西口へ-幌別停車場線

幌別バイパス

JR幌別駅と一般国道36号を結ぶ幌別停車場線は、認定時と現在のルートが全く異なります。

一般国道36号幌別バイパスの開通によるもので、幌別地区を通る他の道道のルートにも影響を与えました。その後の改良を含めた、一連の経緯を表にします。地点等は、図1▼によります。

幌別バイパスの着工から開通までの経過
年月日等できごと
1987年度幌別バイパス着工。
1989年弁景幌別線(現・登別室蘭インター線)の立体交差化に着手。
1989年8月8日幌別バイパスを一般国道36号へ編入。
1990年2月5日L地点から登別市役所を経由し、G地点までを弁景幌別線へ編入。
1992年4月7日I地点からH地点までを弁景幌別線へ編入。同線の終点を認定時以来のI地点からG地点へ変更。
1993年4月9日広域図▼のM地点→N地点→K地点→J地点を上登別室蘭線へ編入。
1993年10月26日国道の幌別バイパスと道道の立体交差を供用開始。
1994年4月1日
  • 国道旧ルートの指定を解除。
  • 上登別室蘭線のM地点→N地点→K地点→J地点を廃止。
  • J地点→K地点→H地点を道道登別室蘭インター線へ変更。
  • 弁景幌別線の終点を広域図▼のF地点へ変更。
  • 幌別停車場線の起点→終点を図▼のD地点→E地点から、B地点→C地点へ変更。ルートはG地点経由。
1996年11月19日弁景幌別線のL地点→K地点→H地点を廃止。
2001年6月26日幌別停車場線の起点を、拡大図▼のB地点からA地点へ変更。

図1・登別市幌別地区の地図。だいだいと赤の線は弁景幌別線の旧ルートを、緑の線は上登別室蘭線へ一時期編入された区間を、紫の線は幌別停車場線の旧ルートを、青の線は同線の現ルートを、同色で囲んだ箇所は2001年に幌別停車場線へ編入された区域を表す。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 幌別駅を拡大幌別地区を広域表示初期画面へ

幌別バイパスは1972年に計画され、総事業費約40億円を投じました。札幌方向の車線に歩道が設置されています。

開通後、弁景幌別線幌別停車場線の両道道へ移管された旧ルートの交通量が激減したことは、言うまでもありません。

登別室蘭インター線の成り立ち

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
写真1。ときめき橋から望む、道道登別室蘭インター線の起点。
写真1。ときめき橋から、道道登別室蘭インター線の起点を望む。街路灯の形が特徴的で、案内標識の標柱も緑色に統一されている。2009年6月17日撮影。撮影地 登別市幌別町2丁目
写真2。右折は弁景幌別線の旧ルート。
写真2。右折は弁景幌別線の旧ルート。案内標識の327号ヘキサが、弁景幌別線旧ルートの名残である。2009年6月17日撮影。撮影地 登別市中央町3丁目

幌別バイパスと同時に開通したのが、国道旧ルートとJR室蘭本線をまたぐ立体交差です。23億3,100万円の事業費を費やしました。高架橋(ときめき橋)の一部にロードヒーティングを施し、橋梁のつなぎ目を減らして振動を抑える工夫もなされています。

現在、登別室蘭インター線の一部である立体交差は開通当初、弁景幌別線の一部でした。同線はもともと、幌別駅の南西で室蘭本線と平面交差し、国道交点を結ぶルートだったのです(図2▼)。

さらに、立体交差を経て道央自動車道・登別室蘭インターチェンジまでが主要地方道へ昇格します(注1▼)。その1か月前、K地点からJ地点までの市道を上登別室蘭線に編入しました。主要地方道指定に対応させるための昇格でした。政令市を除く市町村道から主要地方道への特進ができないため、変則措置をとったのでしょう。

一方で、弁景幌別線は幌別駅の北東で踏切を渡るルートへ変わり、国道の降格に伴って終点が東へ移動しました。

2万5千分の1地形図「室蘭東北部」(昭和61年修正測量)を約1.6倍に拡大。
図2。1980年代まで、幌別駅の東室蘭寄りに踏切があった。2万5千分1地形図「室蘭東北部」(1986年修正測量)を約1.6倍に拡大。
2万5千分の1地形図「室蘭東北部」(平成10年修正測量)を約1.6倍に拡大。
図3。バイパスが開通し、立体交差が完成した。幌別駅西口の駅前広場が拡張されるのは、2000年代に入ってからである。2万5千分1地形図「室蘭東北部」(1998年修正測量)を約1.6倍に拡大。
注1
1993年5月11日の主要地方道指定告示を参照。

表玄関の交代

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真A・1976年10月28日撮影、改築前の幌別駅周辺。西口から北西へ放射状に伸びる2本の市道のうち、右側が幌別停車場線、左側は廃道となった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は8千分1。

開業当初の幌別駅は、海側の東口に駅本屋がありました。山側の西口は1957年に開設され、橋上駅化されたのは1978年3月30日からです。市名と役所の最寄駅名が異なるため、登別駅で下車する用務客が多いとして、駅名改称を求める動きが度々起こったものの、実現に至っていません。

公共施設・商業施設は駅北部に集まっており、国道の降格によるルート変更とはいえ、幌別停車場線の起点が東口から西口へ移動したのは時代の流れといえます。ルート切り替え以前の実延長は 45m で、遠別停車場線に次ぐ短距離道道でした。

写真3。幌別停車場線の旧終点からJR幌別駅を見る。
写真3。道道幌別停車場線の旧終点より。正面に、木造の旧駅舎が建っていた。2009年6月17日撮影。撮影地 登別市幌別町4丁目
写真4。JR幌別駅前から幌別停車場線の旧終点を見る。
写真4。道道幌別停車場線の旧起点より。交点の路線名が、一般国道36号から道道幌別停車場線へ変わった。2009年6月17日撮影。撮影地 登別市幌別町3丁目

北駅前通街路整備事業

写真5。幌別駅西口から見て右手、一般車両の駐車場がある。
写真5。幌別駅の西口から見て右手に、一般車両の駐車場が整備された。「室蘭土木現業所」の標識が道道であることを示す。2009年6月17日撮影。撮影地 登別市中央町2丁目
写真6。幌別停車場線の現起点。
写真6。道道幌別停車場線の起点付近は、道南バスの幌別西口停留所となっている。2009年9月9日撮影。撮影地 登別市中央町2丁目

幌別駅西口へ変更した当時、幌別停車場線の起点は、写真Aの駅前広場から放射状に延びる西側の登別市道中央11号線と、線路沿いの道が交わる地点(拡大図▲のB地点)にあり、放射状に延びる東側の同中央12号線が道道に昇格しました。

「北駅前通」は幌別駅西口から富士町へ向かう都市計画道路名で、1994年度より事業化されました。内容は次のとおりです。

  • 駅前広場を拡張し、バス・タクシーと一般車両の通行を分離する。
  • 駅前の道道を拡幅し、両方向に歩道を設置する。
  • 拡幅に伴い、駅前沿線の商店街を建て替える。
  • 富士町から幌別駅へ直進できない状態を解消する(図2・図3▲)。

1999年度に駅前広場以外の事業が、2000年度に駅前広場が完成し、予定より2年早く完了しました。

写真7道道幌別停車場線は拡幅され、歩道が設置された。
写真7。拡幅され、歩道が設置された道道幌別停車場線。2009年9月9日撮影。撮影地 登別市中央町2丁目
写真8。道道弁景幌別線と、道道幌別停車場線の交点は改良された。
写真8。道道弁景幌別線から直線で幌別駅に抜けるよう改良された。2009年9月9日撮影。撮影地 登別市中央町4丁目
写真9。前方に広がる空間は、道道弁景幌別線の旧車道である。
写真9。歩行者用の広い空間は、道道弁景幌別線の旧車道であり、現在も区域に含まれている。薬局が建つ場所から、幌別駅へ向かう市道幌別中央11号線が分岐していた。街路事業により形跡は残っていない。2009年9月9日撮影。撮影地 ・登別市中央町4丁目

登別市中心部の地理院地図。幌別駅西口から直進する道道の十字路に注目。道道弁景幌別線が通り一本分黄色に塗られているのは、写真9の旧車道部分が道道の区域に含まれている名残りである。

関連する告示

一般国道36号(同235号重複)

1994年4月1日建設省告示第1137号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
登別市幸町2丁目1番6から 同市幌別町2丁目1番1まで前A20.00m ~ 50.50m2.806km
同上前B18.76m ~ 104.00m2.899km
同上後B16.16m ~ 104.00m2.899km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
告示注
  • 幌別バイパスの開通後、旧ルートを道道へ移管した。
  • 告示上のバイパス供用開始は1993年10月28日の建設省告示第2065号で告示され、実際より2日遅れている。
  • なお1994年4月1日は、室蘭市内の輪西町3丁目から新富町1丁目までの旧ルートと、山手町1丁目から海岸町1丁目の旧JR室蘭駅前までが、国道から室蘭市道と道道室蘭港線へ移管された。

道道幌別停車場線

1994年4月1日北海道告示第501号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市幌別町3丁目1番1地先から
登別市幌別町3丁目2番1地先(一般国道36号交点)まで
13.50m から 13.50m まで55.90m一般国道36号重複 L = 10.01m
登別市中央町2丁目17番1地先から
登別市幌別町2丁目1番4地先(一般国道36号交点)まで
11.00m から 32.00m まで2,090.20m道道弁景幌別線重複 L = 858.50m 
一般国道36号重複 L = 96.80m
告示注
  • 起点と終点を変更した。
  • その後、2001年3月23日北海道告示第512号により弁景幌別線交点までの北駅前通を拡幅、同年6月26日に幌別駅西口の駅前広場を編入している。
  • 1999年度に完成した北駅前通の富士町方面への直線化は、2001年8月17日北海道告示第1424号で告示された。

道道弁景幌別線

1994年4月1日北海道告示第501号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市中央町4丁目4番1地先から
登別市幌別町5丁目2番3地先(一般国道36号交点)まで
前111.20m から 25.08m まで871.70m一般国道36号重複 L = 14.50m
登別市中央町4丁目4番1地先から
登別市幌別町2丁目30番3地先(一般国道36号交点)まで
前211.00m から 32.00m まで695.28m一般国道36号重複 L = 19.51m
登別市中央町4丁目4番1地先から
登別市幌別町8丁目18番地先まで
後111.20m から 36.80m まで2,522.20m一般国道36号重複 L = 279.81m
登別市中央町4丁目4番1地先から
登別市幌別町2丁目30番3地先(一般国道36号交点)まで
後211.00m から 32.00m まで695.28m一般国道36号重複 L = 19.51m
告示注
  • 終点を現在地へ変更した。 終点は幌別パイパスへ少し入った地点にあり、認定告示で定めた終点が「登別市幌別町」となっているため、交点がある幸町2丁目ではなく、幌別町8丁目に終点を設定したものである。
  • 前2・後2は図1▲の赤い線の区間で、登別室蘭インター線との重用延長は 416.17m 。
  • 単独区間は1996年に市道へ移管された。

道道上登別室蘭線

1994年4月1日北海道告示第492号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市富士町5丁目39番4地先から
登別市富士町4丁目30番4地先まで
前116.00m から 16.00m まで90.00m道道弁景幌別線重複 L = 13.00m
登別市富士町5丁目39番4地先から
登別市若山町1丁目4番5地先まで
前212.00m から 25.00m まで2,924.55m道道弁景幌別線重複 L = 832.98m
登別市富士町5丁目39番4地先から
登別市富士町4丁目30番4地先まで
後116.00m から 16.00m まで90.00m道道弁景幌別線重複 L = 13.00m
告示注
  • 前2区域の一部は、主要道道登別室蘭インター線に昇格した。

道道登別室蘭インター線

1994年4月1日北海道告示第500号(道路の区域の決定及び供用の開始)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市幌別町2丁目3番6地先(一般国道36号交点)から
登別市緑町3丁目6番2地先まで
14.50m から 38.50m まで2,452.31m一般国道36号重複 L = 19.51m
告示注
  • 上登別室蘭線登別室蘭インター線との重用延長は、2,037.97mあった。
  • 終点の地番が異なるのは、後者が高速道との接点を終点にしているため。
  • 道道を挟み山側が緑町3丁目、海側が若山町1丁目にあたる。