知られざる登別港線・後編

旧国道と富浦バイパス

図4について
  • ズームアウトは、初期画面より1段階まで。
  • 青・赤の線は、地図とラベルで表示されます。

図4。登別港線の路線図。青色の区間は旧国道(灰色の区間は通行不可)。赤色は1995年に道道へ編入された。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 旧国道起点を拡大旧国道終点を拡大初期画面へ

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「登別温泉」(昭和43年編集。約2.3倍に拡大)。
図5・1970年代初めまで、蘭法華トンネルは一般国道36号の一部であった。送電線・変電所は、その後移設された。5万分1地形図「登別温泉」(1968年編集)を約2.3倍に拡大。
5万分の1地形図「登別温泉」(平成4年修正。約2.3倍に拡大)。
図6・国道が切り替わり、室蘭本線の蘭法華トンネルが新たに掘削され、道央自動車道が開通した。5万分1地形図「登別温泉」(1992年修正)を約2.3倍に拡大。

市道交点より先は、一般国道36号の旧ルートです。岬に近い蘭法華トンネルは延長 117m、1932(昭和7)年完成とされ道道最古です。並行するJR室蘭本線のトンネルは1980年10月の電化を前に新しく掘削された一方、道路トンネルの改築は具体化に至っていません。

トンネルを避け、富浦市街地の背後を切り通しで抜ける現ルートは、「富浦バイパス」の名称で建設されました。

告示では、1971年8月13日にルートが切り替わりました。旧道と現ルートは、現在の幸町5丁目で合流します。築堤で分断している箇所を除き、旧道は今なお痕跡が残っており、大半は通行可能です。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・1976年10月5日撮影。旧国道の跡が、センターラインもハッキリと認識できる。道道昇格後、交差点の形状が変更された。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は1万分1。

「富浦バイパス」の告示を掲載します。

1970年10月11日建設省告示第1616号(道路の区域の変更)
区間登別市登別町116番の39から
同市富浦町5番の93まで
変更前後別敷地の幅員延長
前A7.60m ~ 42.00m3.143km
後A7.60m ~ 42.00m3.143km
後B11.50m ~ 108.00m3.150km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
1971年8月12日建設省告示第1423号(道路の区域の変更)
区間登別市登別町116番の39から
同市富浦町5番の93まで
変更前後別敷地の幅員延長
前A7.60m ~ 42.00m3.143km
前B11.50m ~ 108.00m3.150km
後B11.50m ~ 108.00m3.150km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
1971年8月12日建設省告示第1424号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
登別市登別町116番の39から 同市富浦町5番の93まで昭和46年8月13日
告示注
  • 1968年度の時点で事業化が決まっており、1969年度に着手された。
  • B区域が現国道である。
  • 1971年12月開会の市議会で、旧道は市道蘭法華通りに認定された。起点が現在の富浦町2丁目、終点が同じく登別港町2丁目である。
  • 1974年4月1日実施の登別市町名変更により、登別町は登別港町1~2丁目・登別本町1~3丁目・登別東町1~5丁目へ、富浦町は富浦町1~5丁目・幸町1~6丁目・新栄町へ分割された。

終点の重複延長

写真5。登別市富浦町2丁目終点。
写真5。富浦町側終点付近。交差点よりもかなり前に立つ「終点」の補助表記が異彩を放つ。2008年5月13日撮影。撮影地 登別市富浦町2丁目
写真6。一般国道36号旧道。
写真6。富浦町側終点付近に残る国道の旧道跡。センターラインも一部残っていた。2008年5月13日撮影。撮影地 登別市富浦町2丁目
写真7。登別市富浦町2丁目終点より富浦市街地方向。
写真7。「ここから」の補助表記が、撮影当時の国道と道道の境界を意味する。2008年5月13日撮影。撮影地 登別市富浦町2丁目

写真5・写真7の標識が交差点から離れているのは、一般国道36号と長い重複区間を有していたからです。その後の信号機設置と交差点の線形変更を経て、2010年に境界が国道寄りとなったのに伴い、標識も交点直前のカーブへ移設され、写真は過去の風景となりました。

標識移設前と移設後のドライブ動画です。いずれも、富浦町から虎杖浜へ走行しています。

2009年1月25日・polestar24.jpさん撮影。移設前。

2017年6月下旬・doradounaiさん撮影。移設後。

登別港線は幅員が狭く、スピードは出せません。全区間にわたって歩道の設置がなく、路肩も狭いため、自転車や徒歩での通行は要注意です。また蘭法華トンネル東側の分岐点は、道道⇔市道が優先道路です。登別漁港から進んだ場合、道道に一時停止の標識があります。

前編に掲載した1995年の告示のうち、昇格区間の内容を再掲し、重複延長を変更した告示を掲載します。

1995年4月11日北海道告示第548号(道路の区域の変更。一部掲載)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市登別港町1丁目1番2地先から
登別市富浦町2丁目2番1地先(一般国道36号交点)まで
後28.00m から 33.00m まで3,602.75m一般国道36号重複 L = 215.55m
2010年3月26日北海道告示第10401号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
登別市富浦町2丁目6番9地先から
登別市富浦町2丁目2番1地先まで
23.00m から 46.00m まで151.05m一般国道36号重複 L = 30.00m
告示注
室蘭開発建設部と室蘭土木現業所(現・室蘭建設管理部)が協議し、一部区域を国道→道道へ変更した。図2▲のC地点周辺の線形変更も同時に告示したとみられ、延長が短くなっている。
参考文献
  • 『新白老町史(上巻)』(1992年11月3日発行)
  • 『市史ふるさと登別(資料編)』
  • このほか『広報のぼりべつ』と、登別市議会の会議録を参照しました。
走行記事