起終点は二か所ずつ・釧路西港線

1本のようで、実は2本

釧路西港線は、釧路港西港区を起点とし、JR根室本線を星ヶ浦跨線橋(「星が浦」ではない)で渡り、新富士停車場線交点で左折し、西進してJR線の高架下をくぐり、星が浦西通交点で終わる路線――に見えます。

実延長上は、確かにその通りです。

ところが西港区から始まる区間の終点は、一般国道38号交点なのです。これとは別に、新富士停車場線交点を起点とし西進する区間を持つ、2本立ての道道なのです。新富士停車場線交点から国道交点までは重複するため、1本の路線に見えてしまうのです。

図1について
ズームアウトは、初期画面より1段階まで。

図1・釧路西港線・新富士停車場線の路線図。緑色と赤色の線は新富士停車場線の旧ルート。紫色は2009年3月に供用を開始した区間。同時供用の星が浦西通は茶色、臨港道路は青色。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 初期画面へ線を消す
釧路西IC付近を表示。緑の線は釧路環状線のルート変更部分を、紺色は釧路西インター線を、黄色は釧路新道の新規開通区間を表す。

どのような経緯で、現在の形になったのでしょう。

もともと釧路西港線は、釧路港西港と一般国道38号を結ぶ路線でした。図1▲ではA-K-B間を指します。1997年に、西進する釧路市の都市計画道路・星が浦海岸通(K-L間)を昇格させます。その際、終点を図1▲のB地点からL地点へ移動させなかったのです。

説明がややこしくなりました。

ここで認定の告示、1975年3月31日北海道告示第951号を見て整理しましょう。

起点
釧路市釧路西港
終点
釧路市(一般国道38号交点)

図1▲のL地点は国道と接していない。したがって、K-B間は残す必要がある。結果として、見た目は1本で実際は2本という、なんとも奇妙な形態になってしまった…と、考えられます。

昇格当初、星が浦海岸通の市道星が浦南8線交点から終点Bまで、図1▲の紫色の区間は未開通でした。

この区間の工事に先立ち、JR根室本線が高架化されました。延長は 2.1km で、総工費は約69億円。2005年11月に着工し、供用開始は2008年11月17日です。

西港区の第4ふ頭と国道を結ぶ臨港道路建設に伴い、交通をより円滑にする目的で、JRは高架化されました。釧路西港線も立体交差するため、JR線完成後に工事が本格化しました。

星が浦海岸通はJRの星が浦海岸通架道橋をくぐり、別途前(べとまい)川を渡り、星が浦川の手前が終点です。市道星が浦西通と連絡し、国道へ抜ける新ルートが生まれました。開通は2009年3月16日です。

道道釧路西港線のデータ
認定日1975(昭和50)年3月31日
起点A釧路市西港2丁目101番11地先
終点A釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)
起点B釧路市新富士町6丁目1番6地先(道道新富士停車場線交点)
終点B釧路市星が浦南5丁目2番1地先
備 考新富士町6丁目-星が浦大通1丁目は、道道新富士停車場線と重複。
道道新富士停車場線のデータ
認定日1966(昭和41)年3月31日
起 点釧路市新富士町3丁目1番5地先
終 点釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)
備 考当初は新富士通・昭和橋通経由で、鳥取大通5丁目が終点だった。1996年より、鉄北幹線通・星が浦東通経由となる。道道釧路鶴居弟子屈線とも接点を持つ。

関連する告示(道道釧路西港線)

1997年3月31日北海道告示第467号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
釧路市新富士町6丁目1番6地先から
釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)まで
前132.00m から 54.00m まで1,018.21m道道新富士停車場線重複 L = 1,005.50m
一般国道38号重複 L = 12.71m
同上後132.00m から 54.00m まで1,018.21m道道新富士停車場線重複 L = 1,005.50m
一般国道38号重複 L = 12.71m
釧路市新富士町6丁目1番6地先から
釧路市星が浦南5丁目2番2地先まで
後222.25m から 54.00m まで2,194.00m道道新富士停車場線重複 L = 43.40m
告示注
釧路市道星が浦海岸通を道道に編入した。図1▲のK地点からY地点まで、起点B-終点B。
2009年3月13日北海道告示第176号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間供用開始の期日
釧路市星が浦南2丁目2番10地先から
釧路市星が浦南5丁目2番1地先まで
22.25m から 43.60m まで1,082.00m
同上29.00m から 44.85m まで1,080.80m平成21年3月16日
告示注
星が浦海岸通が開通した。図1▲では紫色の線に相当し、終点Bの地番が変更されている。

釧路西インター線の成り立ち

釧路西港線の終点は、1年間だけ延長されたことがあります。

1993年4月9日に釧路市北園へ変更したのです。翌月、延長部分は主要地方道釧路インター線に指定されます。釧路西インター線翌年4月1日に認定され(2016年3月12日、現在の路線名に変更)、釧路西港線の終点は図1▲のB地点に戻りました。

主要地方道指定を受けるための、一時的な措置であるのは明らかです。

釧路西インター線を1993年に認定すれば、分かりやすい形になったでしょう。

同様の事例は登別室蘭インター線にも見られます。幌別停車場線の記事をご参照ください。

関連する告示(道道釧路西港線)

1993年4月9日北海道告示第521号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
釧路市星が浦大通1丁目5番33地先から
釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)まで
32.00m から 34.83m まで65.73m一般国道38号重複 L = 12.79m
釧路市星が浦大通1丁目5番33地先から
釧路市北園41番290地先まで
19.00m から 47.00m まで2,301.06m一般国道38号重複 L = 25.68m
道道釧路鶴居弟子屈線重複 L = 32.00m
告示注
釧路西インター線認定に先立ち、同線の区間を編入した。延長先は釧路新道交点で、「一般国道38号交点」にあてはまる。釧路環状線は主要地方道昇格前、さらに一部未開通で区域の告示もされておらず、釧路西港線より番号が大きかったため重複区間に含まれない。
1994年4月1日北海道告示第492号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
釧路市星が浦大通1丁目5番33地先から
釧路市北園41番290地先まで
19.00m から 45.00m まで2,301.80m一般国道38号重複 L = 25.60m
道道釧路鶴居弟子屈線重複 L = 30.50m
釧路市星が浦大通1丁目5番33地先から
釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)まで
32.00m から 33.50m まで65.21m一般国道38号重複 L = 12.71m
告示注
釧路西インター線認定に伴い、終点を元の位置に変更した。精査を行ったのか、約1年前と比べて幅員や延長が異なる。

新富士停車場線のルート変遷

重複する新富士停車場線は1966(昭和41)年3月31日認定です。

当初のルートは、図1▲の緑色+赤色です。釧路西港線との接点はありませんでした。

1990年代になると、段階的にルートを切り替えます。

  1. 緑色の区間を、鳥取東通-釧路鶴居弟子屈線交点-鉄北幹線通経由へ切り替え。新ルートは1991年10月25日に編入(同日の北海道告示第1668号)。緑色の区間(新富士通・昭和橋通)の市道降格は、1994年8月19日。
  2. 赤色の区間を、鉄北幹線通-星が浦東通経由に切り替え。新ルートは1995年11月24日に編入(同日の北海道告示第1777号)。赤色の区間(昭和橋通)の市道降格は、1996年10月18日。

この結果、新富士停車場線の終点は釧路西港線の終点Aと同じ、図1▲のB地点になりました。

釧路鶴居弟子屈線の起点から鳥取にかけてのルートも1970年代と現在とではまるで異なっており、いずれは記事にまとめればと思っています。

関連する告示(道道新富士停車場線)

1994年8月19日北海道告示第1239号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
釧路市新富士町3丁目1番3地先から
釧路市鳥取南5丁目1番2地先まで
前122.00m から 27.66m まで1,000.00m
同上前222.00m から 38.97m まで1,013.47m道道釧路鶴居弟子屈線重複 L = 37.05m
同上後222.00m から 38.97m まで1,013.47m道道釧路鶴居弟子屈線重複 L = 37.05m
告示注
区域2は1991年10月25日編入。新富士通経由を鳥取東通経由に変更した。図1▲の緑色の区間を釧路市へ移管。なお鳥取東通は、鶴居村営軌道の廃線跡である。
1996年10月18日北海道告示第1598号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
釧路市鳥取南4丁目4番7地先から
釧路市鳥取大通5丁目3番4地先(一般国道38号交点)まで
前122.00m から 39.00m まで868.21m一般国道38号重複 L = 12.66m
釧路市鳥取南4丁目4番7地先から
釧路市星が浦大通1丁目5番32地先(一般国道38号交点)まで
前222.00m から 39.00m まで1,891.71m一般国道38号重複 L = 12.71m
同上後222.00m から 41.00m まで1,891.71m一般国道38号重複 L = 12.71m
告示注
区域2は1995年11月24日編入。昭和橋経由を星が浦東通経由に変更した。図1▲の赤色の区間を釧路市へ移管。

走行動画

いずれもdoradounaiさん撮影です。

道道釧路西港線の実延長区間、起点Aから終点Bまで。2015年7月中旬走行。

道道新富士停車場線、起点から終点まで。2014年2月上旬走行。