晩成から晩成まで-ホロカヤントー線・前編

総延長の不思議

ホロカヤントー線は大樹町の晩成温泉そばを起点とし、同町字生花の一般国道336号に至る、実延長が 9.1km 余りの道道です。

起点に近いホロカヤントウはアイヌ語で「後戻りして揚がる沼」の意とされ、ワカサギ釣りのポイントでもあります。その東に広がる生花苗沼(おいかまなえぬま)はアイヌ語の「ヲイカヲマイ」(沼に潮が越えて入る)とも、「オイカマナイ」(平たい岩が沢山ある川)の意とも言われています。「生花苗」(おいかまない)だった周辺の地名は読みにくいことから、1960年の字名改正で生花と晩成に分割されました。

それはさておき…。

道路現況調書によれば、重用延長が 2,667m とある。

最初に数値を見たとき、何かの間違いではと疑った。ルート上、重複区間発生の余地はないように思えたからです。

そこで過去の経歴を遡ると、重用延長を設定する所以が明らかになりました。

終点と晩成

図1について
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
ルートの色分けは次のとおり。
  • ホロカヤントー線認定時のルート。
  • ピンク-1991年に町道から昇格した区間。
  • ベージュホロカヤントー線の旧ルート。
  • -国道とホロカヤントー線の重複区間。
  • -一般国道336号の旧道。

図1。ホロカヤントー線と周辺のルート。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 初期画面へルートの色を消すルートの色を表示認定時のルートを拡大現ルートの改良区間を拡大C地点を拡大

ホロカヤントー線の起終点を表にしました。地点は図1▲のアルファベットです。

年月日ルート
1976年3月31日D→E。赤い線経由。
1991年10月8日A→D→B→C。生花経由。

1991年の変更で特異なのは、B地点からC地点まで一般国道336号と重複する点です。なぜ字生花の国道交点を終点とせず、不要にすら思える重用延長を設定したのか。

まず、認定時の告示から起終点を確認しましょう。

起点
広尾郡大樹町字晩成ホロカヤントー
終点
広尾郡大樹町字晩成(一般国道336号交点)

終点を字晩成と定めたことに注目してください。

終点を字生花へ変更するには、北海道議会の議決が必要です。手続きを省略するには、字晩成に終点を設けなければなりません。

そこで、図1▲のC地点まで重複区間を設定しました。

C地点をストリートビュー▲で見てみます。前方が広尾町方向で、まさに林の中です。小道の分岐点にスノーポールが立っています。ここから 5m 生花方向が、ホロカヤントー線の終点です。

字生花と字晩成の境界線が、C地点の手前で国道を斜めに横切っています。国道の区域がすべて字晩成に含まれる、スノーポールから 5m 手前を終点としたのです。

関連する告示(道道ホロカヤントー線)

1991年10月8日北海道告示第1568号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
広尾郡大樹町字晩成52番1地先から
広尾郡大樹町字晩成204番1地先(一般国道336号交点)まで
15.20m から 61.20m まで3,586.80m一般国道336号重複 L = 12.70m
広尾郡大樹町字晩成2番3地先から
広尾郡大樹町字晩成330番地先まで
5.60m から 35.60m まで12,244.60m一般国道336号重複 L = 2,667.50m
告示注
  • 起点を図1▲のD地点からA地点へ、終点を同じくE地点からC地点へ変更した。
  • 新旧ルートが重なる区間は 600m ほど。
  • その後の線形変更により、総延長は約 450m 短くなっている。