本別町美蘭別の道道-居辺本別線隘路改良・後編

押帯台地横断ルート

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「高島」(昭和49年修正)を約1.8倍に拡大。

図2・1970年代。上押帯(かみおしょっぷ)小中学校跡から東へ横断する道が居辺本別線である。幅員が狭く、未整備だったことがうかがえる。5万分1地形図「高島」(1974年修正)を約1.8倍に拡大。

上押帯から美蘭別にかけ、押帯台地と呼ばれる標高の高い平地が横たわり、西から中押帯川・押帯川・美蘭別川が谷を刻んでいる(Google マップの3Dビューで見る。環境により、表示に時間がかかります)。

以前の居辺本別線は中押帯川・押帯川の谷を忠実に上り下りするため、急曲線・急勾配が連続していた。ここに改良の手が入ったのは1990年代後半である。中押帯川は上押帯大橋(橋長 118m・1997年完成)で一跨ぎし、押帯川の谷へは緩勾配で上下し、谷底よりやや高い位置に押帯橋(橋長 30.6m・1996年完成)を架設した。現ルートへの切り替えは1998年に完了した。

図3に新旧ルートの違いを示してある。旧道は現ルートに取り込まれたり、農地化したりで消えた個所が多い。

図3。上押帯から美蘭別への地理院地図に、1977年撮影の空中写真を重ねた。初期画面は空中写真の透過率を 50% に設定していますが、「情報」「機能」ボタンから表示等の設定を変更できます。また表示範囲は自由に移動可能です。操作方法は地理院地図のヘルプをご参照ください。初期画面を表示するには、リロードしてください。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真E・1997年7月26日撮影。上押帯-美蘭別の切り替えは後半を迎えていた。ルート中間に未着手部分が残っている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は3万分1。

押帯台地と美蘭別川の谷を結ぶ最後の未改良区間は、旧道を大きく迂回するルートで曲線半径と勾配を緩和した。後編では、S字カーブに替わるオメガカーブを紹介したい。前編同様、終点→起点方向で記述する。

2013年切り替え区間

写真Fについて
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
  • 上押帯-美蘭別を表示する場合、デフォルトではマーカーを表示しません。
  • 加筆の線・マーカーを再表示するには、地図・航空写真・ラベルのボタンいずれか、または初期画面のリンクをクリックします。

写真F・本別町上美蘭別周辺。赤の線は町道へ移管された旧道道、青の線は廃道になった旧道道を表す。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 上押帯-美蘭別を表示加筆の線を非表示マーカーを非表示初期画面へ

切り替え区間終点

写真9~写真20の共通事項
ツイッターフォロワーさん撮影。
写真9。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真9。開通前は美蘭別大橋完成予想図の看板があった。新ルートは既に舗装されているが、センターライン等は見られない。工事用車両が出入りするので、仮ゲートは片側のみ閉じられていた。手前左の矢羽根の向きが逆。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真10。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真10。開通後の風景、前方は上り勾配である。仮ゲート付近の矢羽根は向きが直された。カーブの先で美蘭別大橋を渡る。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

写真9の簡易ゲートから美蘭別大橋の約 270m は2003年度に着工、2008年9月の時点で舗装工まで完了していた(参考写真。ページの一番下に掲載)。廃道化された旧道の接続部分は、前後 200m 弱が2005年度~2007年度に築堤化されて森の一部分となり、跡形もなくなっている。

旧道の未舗装区間

写真11。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真11。ゲートまで下った旧道は、一転して上り始める。美蘭別川が造った谷の途中から台地へと進むからである。また、旧道は雨に弱かった。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真12。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真12。S字型の急曲線をゆく。旧道は幅員が狭い上に急カーブが連続していた。カーブにミラーを設置してある道路は減少している。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真13。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真13。坂を上り切った地点にゲートが設置されており、縦長の道道標識も設置してある。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真14。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真14。反対側から撮影、前方が本別方面。最後の未改良区間は上り下りする道ではなく、上るか下るかであった。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

旧道のS字カーブは美蘭別川右岸の谷の斜面であり、押帯台地へ上る形になる。写真11・14の標識が示すように、24時間雨量が 100mm を超えた場合は土砂崩れの恐れで通行止めになる、異常気象時通行規制区間に指定されていた。

美蘭別大橋開通後も道道の一部であった旧道は、2015年に本別町へ移管された。移管を前に本別町では、2013年の第1回定例議会で旧道を町道に編入する議案を提出、可決されている。既存の町道581号美蘭別上押帯道路の起点を変更した(写真F▲のK地点→F地点、変更総延長 911.6m)。

「美蘭別上押帯道路」はK地点を北北西へ直進する未舗装道路で、詳細な道筋は割愛するが、途中から地形図にも掲載されていない細道に入り、押帯川の谷を渡るルートである。

写真を提供していただいたツイッターフォロワーさんによると、2017年秋の時点でも写真13・14の風景に変化がないとのことだ。

美蘭別大橋

写真15。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真15。斜面の中腹で削られた谷をまたぐ美蘭別大橋。桟道橋に分類される。上士幌方向が上り勾配。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真16。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真16。橋名板は「つ」が小さい。橋の下に水の流れはないが、「無名川」の銘板がある。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真17。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真17。橋脚は段々畑状に盛り土を施してあり、全3本。工事中は施工業者が本別町勇足小学校の児童を現場に招待し、作業を体験してもらったという。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真18。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真18。オメガカーブゆえ、対岸から美蘭別大橋を眺めることができる。美蘭別川に開けた谷から見るのとは、勾配の向きが逆になる。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

切り替え区間最大の構造物が美蘭別大橋である(橋長 129.3m・幅員 7m、2011年2月完成)。オメガカーブの一部を構成しており、曲線を描く。2008年度~2009年度に橋脚・橋台の下部工事、2010年度に床版の上部工事を施工した。谷の斜面中腹に架設しており、桟道橋に含まれる。

切り替え区間起点付近

写真19。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真19。十字路の前に木や草は一時的に置いていたのだろうか。舗装工事が完了しているかどうかも微妙に見える。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真20。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真20。左カーブの先、斜面にオメガカーブの敷地を造成する工事が一番の難事業だったかもしれない。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

2011年度から写真19の地点-美蘭別大橋までの路盤・舗装工事に入り、事業は完了した。2012年3月を目指していた開通時期は1年遅れ、2013年4月下旬にずれ込んでいる。

切り替え区間起点はT字路から十字路に改築した際、新ルートを優先道路とし、オメガカーブの一部を構成するよう変更された。十字路を境に、両方向とも谷への下り勾配となっている。

延長 2,460m の隘路解消事業は12年の歳月を費やし、居辺本別線は全線改良済みになった。

関連する告示(道道居辺本別線)

2002年2月19日北海道告示第261号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別445番3地先まで
前112.00m から 37.97m まで995.94m
同上後112.00m から 37.97m まで995.94m
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別462番2地先まで
後219.71m から 110.42m まで990.00m
告示注
  • 写真F▲のK地点から美蘭別大橋の手前まで、新ルートの区域を決定した。後2が該当する。
2002年9月13日北海道告示第1496号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別445番2地先まで
前112.00m から 37.97m まで995.94m
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別462番2地先まで
前219.71m から 110.42m まで990.00m
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別445番2地先まで
後112.00m から 37.97m まで995.94m
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別445番9地先まで
後211.00m から 110.42m まで1,543.35m
告示注
  • 美蘭別大橋経由の区域を、写真F▲のF地点まで延長した。
  • 前2と後2で最小幅員が 19.71m から 11.00m に変化しているのは、区域延長部分の美蘭別大橋本体が最も狭いからである。
2013年4月16日北海道告示第278号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
中川郡本別町美蘭別443番3地先から 中川郡本別町美蘭別445番9地先まで平成25年4月26日午前10時
告示注
  • 美蘭別大橋経由の新ルートが開通した。
2015年12月4日北海道告示第10915号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町美蘭別444番3地先から
中川郡本別町美蘭別445番1地先まで
前112.00m から 39.16m まで1,165.50m
同上前211.00m から 110.43m まで1,700.00m
同上後211.00m から 110.43m まで1,700.00m
告示注
  • ルート切り替えが完了した。
  • これまでの告示と延長が異なるのは、区域の始まりと終わりの位置を変更しているため。
  • 切り替わったルートの最大幅員が 1cm 長くなっているのと、旧道の最大幅員が 1.19m 長くなっており、情報の修正と思われる。
  • 町道へ移管された実延長は 899.32m、居辺本別線の総延長は 534.50m 延びた。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真G・2004年7月30日撮影。2003年開通地点から、美蘭別大橋手前まで樹を伐採した跡が見られる。この時点で全体のルートは決まっていたのだが、完成まで約10年を要した。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は3万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真H・2016年8月7日撮影。開通後、距離は長くなった一方、勾配やカーブは緩やかになった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・縮小。元画像の縮尺は2万分1。
参考文献
  • 『北海道建設新聞』(北海道建設新聞社。2010年2月9日付)
  • 『北海道通信 日刊建設版』(北海道通信社。2010年11月29日付)
  • 『5万分1地質図幅説明書 高島』(北海道立地下資源調査所。1982年3月)
  • 北へ行け! 走る独立愚連隊 ! !