本別町美蘭別の道道-本別新得線の旧線

昭和40年代の残映

本別町美蘭別を通る居辺本別線が認定された1969年以前にも、美蘭別を経由する道道が存在した。本別士幌線の前身、本別新得線である。本別町へ移管された旧道のうち、東半分は未舗装のまま残っている。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「高島」(昭和49年修正)を約1.4倍に拡大。
図3・1970年代。下美蘭別から高美蘭別を経て押帯(おしょっぷ)へ抜けるルートが、かつての主要道道である。美蘭別川の谷から押帯台地へ上る区間は、現在も幅員が狭い。5万分1地形図「高島」(1974年修正)を約1.4倍に拡大。
1970年『全日本道路地図帖』より、伊藤秀一氏提供。
参考・1970年の道路地図画像。画像の薄緑色が未舗装主要地方道・本別新得線。引用ツイート伊藤秀一氏提供。

1960年代まで、本別新得線は利別川を渡ると美蘭別川に沿って進み、下美蘭別から上り勾配で高美蘭別(Google マップの3Dビューで見る。環境により、表示に時間がかかります)、下り勾配で押帯へ抜けていた。はるかに平坦な押帯川沿いでなく、押帯台地越えルートを採用した理由は謎である。

美蘭別はアイヌ語の「ピラウンペッ」または「ピランペッ」に由来するとされ、アイヌ語地名研究で著名な山田秀三氏は「崖・ある・川」の意でないかとしている(注1▼)。一帯は美蘭別川上流域の上美蘭別と、下流域の下美蘭別、押帯台地の高美蘭別に大別されるが、これらは正式な地名でなく、町名・地番上はすべて美蘭別である。ちなみに押帯(おしょっぷ)もアイヌ語で、由来は諸説ある。

1976年まで本別町は大字を設けており、美蘭別は負箙(おふいびら)村・本別村・押帯村・勇足村の4大字に属し、小字名も「ビランベツ」であった。大字廃止とともに地番も改正され、大字時代の位置関係把握は難しい。

『北海道地名大辞典』の大字押帯村の項に「昭和44年主要道道本別新得線が当地経由に変更になり、改良舗装工事が実施された」との記述があり、これをほぼ裏付ける告示がある。

1970年3月31日北海道告示第679号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先まで
前1a10.90m から 14.54m まで2,257.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
前1b10.90m から 21.82m まで9,000.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先まで
後1a10.90m から 14.54m まで2,257.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
後1b10.90m から 21.82m まで9,000.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派北5線21番の1地先まで
後2a10.90m から 10.90m まで4,500.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派北5線21番の1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
後2b10.90m から 10.90m まで5,663.00m

1a・1b区域が旧ルート、2a・2b区域が現ルートを表す。

「大字勇足村字蓋派(けなしば)第4基線」が写真I▼のP地点、「大字押帯村字ビランベツ北4線」が同じくN地点▼周辺を指すと考えられる。ただ先に述べたように、正確な位置は特定しかねる点をご了承いただきたい。

押帯や美蘭別は「北○線西×号」で区割りされおり、南北を貫く「北○線」、東西を通す「西×号」、数字は線が西から東へ、号が南から北へ振られていた。区割りは途中から方角を変更している。

注1
北海道環境生活部アイヌ政策推進室・アイヌ語地名リストより参照。 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/grp/111120P.pdf
写真Iについて
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
  • 青の線は航空写真でのみ表示し、地図・ラベルでは青の線に切り替えられる以前のルートを赤の線で表示します。
  • 加筆の線・マーカーを再表示するには、地図・航空写真・ラベルのボタンいずれか、または初期画面のリンクをクリックします。

写真I・本別町高美蘭別・下美蘭別周辺。赤・黄緑の線は町道へ移管された旧道道、青の線は町道移管後に切り替えられた区間を表す。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 居辺本別線終点周辺を表示下美蘭別を拡大加筆の線を非表示マーカーを非表示初期画面へ

本稿では、旧道の未舗装区間を写真でご紹介したい。撮影したツイッターフォロワーさんによれば、路面状態は良好で地元の方に利用されているようだとのこと。

下美蘭別

写真21~写真38の共通事項
ツイッターフォロワーさん撮影。
写真21。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真21。1970年代まで、撮影地周辺はやや西側を通っていた。林の中、旧道跡に立つ標識は当時の名残である。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真22。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真22。案内標識を拡大。当初は高美蘭別・押帯(士幌)方面が直進・優先だった。1970年代に入るとデルタ型になり、80年代に現在のルートへ改められた。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真23。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真23。道道居辺本別線のルート改良に伴い移動した接続地点は、その後に北西へ450mほど遡った地点へ切り替え、写真のルートは通行できなくなっている。工事用道路に使用されたのか、土がむき出しで路盤の草が刈られている。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真24。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真24。切り替えたルートとの合流点はゲートが置かれ、ロープが張られており、通り抜けはできない。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真J・1977年9月23日撮影。小中学校グラウンド向いの美蘭別郵便局は、撮影直後の1977年11月1日に廃止。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・縮小。元画像の縮尺は1万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真K・1981年6月24日撮影。画面上部の美蘭別小中学校は、撮影翌年の1982年3月に閉校した。 現在の周辺を航空写真で見る▲国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万分1。

高美蘭別

写真25。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真25。高美蘭別の十字路を南望。町道の路線名は前方が「勇足高美蘭別間道路」、右折が「美帯横断道路」、手前と左折が「美蘭別横断道路」である。旧道道は左折と右折。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真26。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真26。十字路を西望。旧道道は美帯横断道路が舗装済、美蘭別横断道路が未舗装のままである。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真27。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真27。「この道路は冬期間『除雪』は行っておりません」の立て札がある。すなわち、冬季閉鎖である。高美蘭別から下美蘭別へ下るルート。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

居辺本別線認定に向けた動きは、1968年の第2回定例道議会に「本別町と上士幌町を結ぶ本別町道、上士幌町道を道道に認定の件」と題する陳情を本別町長が提出したことに始まる。陳情は翌1969年2月24日、道議会建設委員会で審査の結果採択された。翌25日に開会した第1回定例道議会に議案第46号「北海道道の路線の認定、廃止、及び変更の件」が提出され、居辺本別線も含まれている。実際は、陳情採択以前に道道認定が決まっていたと思われる。

議案は3月31日、原案通り可決された。質問内容を巡って議事が紛糾・空転したため会期は延長され、議案可決が最終日の年度末にずれ込んだ。その影響か、道道の認定・廃止・変更は6月18日に告示された。

陳情から認定へ至る過程で、興味深いエピソードがある。

1968年9月6日に開かれた道議会建設委員会の席上、陳情に関する聴取が行われた。件名が「道道本別新得線本別町地内道路改良工事促進について」、出席者が「本別町道道美蘭別経由存置期成会会長」となっている。本件が道議会で取り上げられたのは、後にも先にも一回だけである。内容は未調査ゆえ伺い知れない。結果として本別新得線は改良され、美蘭別経由の道道も路線名を変えて残った。

主要道道の面影

写真28。2017年8月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真28。「注意」の標識は1950年3月制定、1971年11月廃止の旧様式である。錆が激しく、文字の判読が難しくなりつつある。2017年8月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真29。2017年8月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真29。美蘭別川右岸の谷沿いに進む。美蘭別川に開けた谷と押帯台地を結ぶので、勾配は基本的に上りか下りかの一方である。2017年8月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真30。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真30。市町村道の場合、標識の支柱に自治体名のシールが貼ってある。写真のシールは「北海道」が比較的真新しい。退色を免れたのだろうか。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真31。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真31。ミラーは見通しの悪いカーブに設置され、場合により「警笛鳴らせ」の標識と併用される。ミラーは交換されずに撤去され、「北海道」のシールも経年変化が認められる。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真32。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真32。ルートの高美蘭別寄りに残る旧式の案内標識。「白看」とも呼ばれる。時は流れ、背の低い案内標識が珍しい存在になった。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真33。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真33。1950年3月制定の標識は、地名にローマ字を併記していた。1971年11月制定で省かれたローマ字は、1986年11月制定で復活している。色褪せは進んでいるものの、表面の錆は少ない。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別
写真34。2013年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真34。状態の良好な表面に対し、裏面は錆が激しい。道道の歴史を刻む証しとして、末永く残るよう祈りたい。2013年11月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

下美蘭別-高美蘭別-押帯の旧道に、かつて国鉄バスの路線があった。1971年3月7日現在の国鉄自動車路線名称によると、東十勝線の項に「本別-万栄橋-佐倉(士幌町)」と「美蘭別-上美蘭別」が東十勝本線として記載されている。万栄橋は下美蘭別に架かる橋で(後述)、旧道道をバスが走っていたのは確かだ。廃止は1972年10月9日で、同時に国鉄バスは本別町から撤退している。以上、帯広地区を走ったバス路線 (不毛企画 乗り物館)を参照した。国鉄バスの資料が充実している。

1961年9月発行の『日本国有鉄道監修 時刻表』(日本交通公社)に本別-美蘭別の時刻が掲載されており、本別発が10時15分と16時30分、美蘭別発が7時32分と14時20分で、所要65分・料金90円で結んでいた。ほかに士幌と勇足を結ぶ便があり、士幌発14時30分・勇足発10時05分、所要2時間26分で245円とある。おそらくこの路線が、下美蘭別-高美蘭別-押帯を経由していたのだろう。

写真35。2017年8月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真35。昭和40年代を彷彿とさせる風景で、時間が止まったようだ。国鉄バスがこのルートを走行していたとは、信じがたい気もする。2017年8月撮影。撮影地 中川郡本別町美蘭別

関連する告示

道道本別新得線

1973年11月8日北海道告示第3354号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先まで
前1a10.90m から 14.54m まで2,257.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派49番の1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
前1b10.90m から 21.82m まで9,000.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派北5線21番の1地先まで
前2a10.90m から 10.90m まで4,500.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派北5線21番の1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
前2b10.90m から 10.90m まで5,663.00m
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の16地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
後210.90m から 10.90m まで10,163.00m
告示注
  • 本別新得線の旧道を本別町へ移管した。前1bの一部が該当する。

道道居辺本別線

1973年11月8日北海道告示第3352号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町大字勇足村字ビランベツ北7線86番の4地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番の1地先まで
14.00m から 63.90m まで3,294.43m
中川郡本別町大字勇足村字ビランベツ北7線86番の4地先から
中川郡本別町大字勇足村字蓋派第4基線46番の1地先まで
10.90m から 21.00m まで10,828.25m
告示注
  • 本別新得線の旧道のうち、美蘭別川に沿う区間を居辺本別線に振り替えた。
  • 「ビランベツ北4線82番の1」が事実であれば、当初は上押帯から押帯に抜けるルートだったことになる。その場合延長が一致せず、告示の地番は誤りの可能性が高いだろう。

認定翌年の、本別町内の区域(ルート)決定告示をみてみたい。

1970年3月31日北海道告示第347号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町大字勇足村字ビランベツ48番地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線154番地先まで
18.00m から 18.00m まで1,100.00m
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線154番地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北3線127番1地先まで
11.00m から 42.00m まで3,200.00m
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北3線127番1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北5線126番2地先まで
11.00m から 30.00m まで2,200.00m
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北5線126番2地先から
中川郡本別町大字勇足村字ビランベツ北6線79番1地先まで
10.00m から 18.00m まで2,485.00m
中川郡本別町大字勇足村字ビランベツ北6線79番1地先から
中川郡本別町大字押帯村字ビランベツ北4線82番1地先まで
14.00m から 25.00m まで2,718.00m

実際の告示は上士幌町内の区間も記載されているが、本稿では省略した。

本別町内の総延長は 11,703m で、当時のルートで延長を計測すると、上美蘭別経由の場合はほぼ一致する。上押帯から押帯へ抜けるルートでは 9km ほどになり、一致しなかった。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真L・1969年7月18日撮影。押帯台地と下美蘭別を、つづら折りで結んでいた主要道道。分岐点が道道優先になっている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・縮小。元画像の縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真M・1994年6月24日撮影。旧道道の下美蘭別側でルートが変更された。かつての分岐点も、居辺本別線優先に変更されている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・縮小。縮尺は2万5千分1。

銀栄橋と万永橋

5万分の1地形図「高島」(昭和49年修正)を約1.5倍に拡大。
図5・1970年代。下美蘭別では家屋に沿って、美蘭別川を渡っていた。5万分1地形図「高島」(1974年修正)を約1.5倍に拡大。

下美蘭別の高美蘭別・上美蘭別方面への分岐点は、1980年前後に現ルートに切り替えたとみられる(写真M・Oを参照)。同時期に切り替えた区間が、分岐点下流で美蘭別川を2度渡る区間だ。橋名は上流側が銀栄橋、下流側が万栄橋で、前述したバス路線の経由地にあたる。

銀栄橋は1981年、橋長 24m・幅員 6.3m で架け換えられた。従って、美蘭別川右岸を通る現ルートの開通はその前と考えられる。分岐点を含め、幅員や線形は大幅に改善された。下流の万栄橋は2001年に架け換えている。

銀栄橋は2014年6月から通行止めになった。川底の地盤が水流で削られ(河床洗掘という)、橋台の土台が不安定になったためである。同月13日10時頃、橋に接続する道路が陥没しているのを、用水事業に携わる測量業者が発見した。橋の上部が浮いたような状態になって崩落の危険が生じ、もし崩落した場合は川の流れを阻害し氾濫しかねない。

本別町は同年8月11日に開かれた第4回臨時町議会で、銀栄橋上部撤去予算450万円を計上した。2015年度から総事業費1億5,400万円で架け換えを行っている。工事に伴い、道道交点の地番が変更された。

関連する告示(道道居辺本別線)

1983年3月7日北海道告示第378号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町美蘭別180番1地先から
中川郡本別町美蘭別79番5地先まで
前110.90m から 10.90m まで1,840.00m
同上後110.90m から 55.50m まで1,859.00m
同上後217.00m から 55.50m まで1,800.29m
告示注
  • 1の区域が旧ルート、2の区域が現ルートである。
  • 実際は、この数年前に供用を開始しているようだ。
1983年5月30日北海道告示第1066号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
中川郡本別町美蘭別180番1地先から
中川郡本別町美蘭別79番5地先まで
前110.90m から 10.90m まで1,859.00m
同上前217.00m から 55.50m まで1,800.29m
同上後217.00m から 55.50m まで1,800.29m
告示注
  • 旧ルートを本別町道「下美蘭別道路」に移管した。
  • 旧銀栄橋は、道道として架け換えられたことになる。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真N・1977年9月23日撮影。現ルートは森や農地となっていて、万栄橋たもとに家屋があった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・縮小。元画像の縮尺は1万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真O・1994年6月24日撮影。旧道道の下美蘭別側でルートが変更された。かつての分岐点も、居辺本別線優先に変更されている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万分1。

おわりに

写真36。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真36。「この先10km地点 幅員減少 急勾配あり」は過去の話となった。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町西勇足
写真37。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真37。今は撤去された大型標識のミソは「砂利道上り急勾配」である。狭隘区間が峠越え、つまり坂を上り下りするなら、単に急勾配と表記するだろう。一方的に上るから「上り急勾配」と記してあるのだ。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町西勇足
写真38。2010年11月、ツイッターフォロワーさん撮影。
写真38。道道3路線が集まる十字路のうち、居辺本別線にだけ退色の激しいヘキサが残る。本別士幌線・勇足本別停車場線には縦長の標識が設置してある。2010年11月撮影。撮影地 中川郡本別町西勇足

本別町美蘭別にまつわる道道のルート変更を、3回に分けて振り返ってみた。

美蘭別以外にも、1970年代~2000年代に居辺本別線のルートは変更されている。1992年には起点が、上士幌町居辺東7線41号の上士幌音更線交点から、一般国道241号交点へ延長された。本別士幌線も2000年代に、本別町押帯で押帯川右岸の斜面を通るルートが建設された。

快適に通り抜けできる道路は、幾度にもわたる改良の賜物だ。道内至る所、記憶から忘れ去られようとしている旧道・廃道が存在する。本稿はその一部に過ぎない。

参考文献
  • 『北海道議会時報』(第20巻第8号、第20巻第9・10号、第21巻第4号)
  • 『北海道建設新聞』(2014年8月21日付)
  • 本別町橋梁長寿命化修繕計画
  • ほか、本別町議会会議録を参照いたしました。