豊富遠別線の起点を探る

起源は豊富温泉

起点のハッキリしない道道に、豊富遠別線があります。豊富町に単独区間がないからです。

にもかかわらず、路線名に「豊富」を冠するのが不思議でした。実延長の始まりは幌延町の幌延市街地・稚内幌延線交点で、豊富町から離れています。

しかし路線名に「豊富」が入るからには、豊富町に起点があったはずだ。そう思いつつ、手がかりが全然つかめませんでした。

このほど入手した、1970年2月10日発行『北海道道路粁程表』付属の留萌支庁と宗谷支庁の管内図に、豊富遠別線の旧道が描かれていました。これを基に、ルートの歴史を探ってみましょう。

図1について
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
  • 青い線のうち、熊越峠付近はおおよそのルートを示しました。正確性・精密性は保証いたしません。
  • 赤・青・紫色の各線は、地図とラベルで表示されます。

図1。豊富温泉から幌延町中心部までの地図。赤い線・青い線は豊富遠別線の旧道を、紫の線は同線の一部だった可能性が高い区間を表す。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 豊富温泉を拡大幌延市街を拡大初期画面へ

まず、起点変更の経緯を表にします。

西暦できごと
1957年3月30日、豊富遠別線認定。当初の起点は、図1のE地点と想定される。
1965年豊富浜頓別線の新ルート開通に伴い(告示は7月10日)、起点をD地点に変更か。
1969年10月までに、実延長の起点をC地点へ変更(赤い線のルートは降格)。
1974年新道開通。5月31日、旧道降格(青い線)。
1982年9月30日、C地点からB地点までが主要道道稚内幌延線に昇格(同線の重複区間となる)。実延長の起点はB地点へ。
1991年5月17日、幌延市街地西側を経由する町道を編入。実延長の起点をA地点へ変更。

図1の赤と青の線で示した、豊富温泉から下エベコロベツ左川に沿って幌延町字北進に至り、熊越峠(注1▼)を経由し幌延市街へ抜ける林道こそが、豊富遠別線の旧道だったのです(図2~図5▼の地形図も参照)。

認定当時は、豊富温泉から下エベコロベツ川に沿って遡る道がありません(図2)。東方にある日曹炭鉱(注2▼)へは、専用鉄道(注3▼)沿いの登竜峠(注4▼)越えの道、現在の主要道道豊富浜頓別線の旧ルートを行くしかありませんでした。調査が不充分のため推測ですけれども、ガス発電所跡(注5▼)に近い温泉入口の分岐点が、起点であろうと見ています。

豊富温泉から直接日曹へ抜ける道が開通したのは1965年ころであるらしく(注6▼)、その時点で豊富遠別線の起点は温泉街の分岐点へ移動したと考えられます。

幌延町字北進にあり、1972年に廃校となった南沢小学校の記念誌で、1960年度の卒業生が「冬になると道がないのでスキーで通いました」と述懐しています。旧ルートは積雪寒冷特別地域における道路交通の確保に関する特別措置法(雪寒法)に指定されておらず、冬期はクルマの通行が不可能だったのでしょう。

注1
熊の通り道といわれるのが由来。地元の人は「くまこしとうげ」または「くまごしとうげ」と呼ぶ。幌延町役場によると、正式な読み方は不明という。近年は通り抜けが困難なのか、地形図に記載されていない。
注2
豊富町東部にあった炭鉱。1907(明治40)年ころに発見された。日曹鉱業(現・日曹炭鉱)による本格的採掘は1937年から始まり、天北炭田でも最大規模を誇った。出炭状況は順調だったが、需要低迷で1972年7月に閉山。現在は無人地帯である。
注3
豊富駅と結び、日曹炭鉱の石炭を運搬する目的で建設された。1940年開業、1972年廃止。最後まで蒸気機関車による運転で、9600形の初期車を使用していた。
注4
「とりゅうとうげ」と読む。豊富町役場によると、峠近くに架かる登竜橋の読み方は「とうりゅうはし」という。
注5
天然ガスを使用した発電所で、北海道電力が1957年から1977年まで使用した。施設の老朽化と採算性の悪化で廃止。建物は、会社の事務所として現存する。探訪の記録は、堀淳一著『北海道産業遺跡の旅』(1997年、北海道新聞社刊)に詳しい。写真は、豊富ガス発電所跡を参照。
注6
下表の告示を参照。
1965年7月10日建設省告示第1759号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
天塩郡豊富町字上サロベツ1201番から
天塩郡豊富町字下エベコロベツ(国有林地)まで
7.27m ~ 10.91m11.982km
同上6.40m ~ 50.00m11.290km
1965年7月10日建設省告示第1760号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
天塩郡豊富町字上サロベツ1201番から
天塩郡豊富町字下エベコロベツ(国有林地)まで
昭和40年7月11日

豊富温泉に起点があった事実を物語る数値が、当時の道路現況調書に残っています。

複数の建設管理部(旧土木現業所)にまたがる道道は、建設管理部別の延長内訳を別掲します。豊富町と幌延町は、稚内建設管理部と留萌建設管理部の管轄界にあたります。1970年4月1日現在の発行分まで、この旧土現別延長内訳に豊富遠別線が含まれていました。なお2010年4月の支庁再編により、建設管理部の管轄界は幌延町と天塩町に移動しました。したがって、複数の建設管理部にまたがる道道へ復活したことになります。

別表 豊富遠別線の土木現業所別延長内訳
(1970年4月1日現在の道路現況調書より)
項目\土現稚内留萌合計
総延長2,90764,43167,338
重用延長76,3816,388
実延長2,90058,05060,950





舗装992992
砂利2,90057,05859,958
改良済8,2978,297
未改良2,90049,75352,653




9.0m以上343343
7.5m以上3636
5.5m以上5,0405,040
4.5m以上1,8701,870
4.5m未満988988




5.5m以上2,0662,066
4.5m以上1,2456,4217,666
3.5m以上441,21241,216
2.5m以上1,651541,705

もっとも、前年の10月16日に図1▲のC地点から幌延市街までの区域=ルートを決定した告示 があります(下表)。したがって、1969年10月の時点で赤い線のルートが切り替わっていたとみられます。当時は熊越峠の新ルートを着工したばかりで、新旧ルートが入り混じっていました。

1969年10月16日北海道告示第2133号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
天塩郡幌延町字北進115番の1地先から
天塩郡幌延町字北進358番の1地先(防風林)まで
16.00m から 32.00m まで4,431.47m
天塩郡幌延町字北進358番の1地先(防風林)から
天塩郡幌延町字幌延10番地先まで
10.91m から 10.91m まで4,231.62m
天塩郡幌延町字幌延10番地先から
天塩郡幌延町元町12番地先まで
10.91m から 14.54m まで871.19m
告示注
  • 延長の合計は9,534.28m。
  • 「幌延町字北進115番の1地先」は豊富浜頓別線交点とみられる。
  • 稚内幌延線の幌延町内の区域を決定した、1983年5月30日の北海道告示第1065号による上記地番は「幌延町字北進115番4地先(道道豊富浜頓別線交点)」となっている。

問題は告示の題名が「道路の区域の決定」とある点で、まず旧ルートの区域を決定し、現ルートに変更するという手順を略しました。豊富温泉の旧道に関する告示はゼロで、起点を分かりにくくさせた一因です。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンで横幅が 400px を下回る時、記述の倍率と異なる場合があります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「豊富」(昭和29年測量)を約1.1倍に拡大。
図2。豊富温泉の東方は行き止まりで、日曹炭鉱へは専用鉄道と同様に峠越えしていた。5万分1地形図「豊富」(1954年測量)を約1.1倍に拡大。
5万分の1地形図「豊富」(昭和52年修正)を約1.1倍に拡大。
図3。改良後の豊富遠別線(当時)と豊富浜頓別線。その後、温泉周辺で川の流路が変わった。5万分1地形図「豊富」(1977年修正)を約1.1倍に拡大。
5万分の1地形図「豊富」(昭和29年測量)を約1.1倍に拡大。
図4。改良前の豊富遠別線。熊越峠は難所だった。旧国鉄羽幌線は全通しておらず、天塩線の天の字が見える。5万分1地形図「豊富」(1954年測量)を約1.1倍に拡大。
5万分の1地形図「豊富」(昭和52年修正)を約1.1倍に拡大。
図5。峠の西を短絡するルートの開通は1970年代に入ってからである。1990年代後半、更に線形改良された。5万分1地形図「豊富」(1977年修正)を約1.1倍に拡大。

熊越峠の新ルートは1973年に開通し、1982年には図1▲のC地点からB地点までが主要道道稚内幌延線に昇格、豊富遠別線は同線の重複区間になりました。その後、1991年に幌延町役場から市街地西部を回る町道が昇格し、現在に至ります。

一連の経緯から、起点はC地点(幌延町字北進)になるのでしょう。それでも豊富遠別線の起点は、今も豊富町のどこかにあると思いたいのです。

関連する告示(道道豊富遠別線)

1974年5月31日北海道告示第1851号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
天塩郡幌延町字北進358番の1地先(防風林)から
天塩郡幌延町6条北1丁目5番地先まで
前110.91m から 10.91m まで4,291.68m
天塩郡幌延町字幌延10番の1地先から
天塩郡幌延町6条北1丁目5番地先まで
前210.91m から 10.91m まで300.00m
天塩郡幌延町字北進435番の4地先から
天塩郡幌延町6条北1丁目5番地先まで
後215.00m から 109.20m まで3,243.00m
告示注
  • 図1▲の青い線を、現ルートへ切り替えた告示です。
  • 2の区域は、1969年10月28日の北海道告示第2240号で編入された。告示備考欄に「道路予定地」とただし書きがあり、現ルートの一部である。
  • 『新幌延町史』には1973年開通とあり、告示が後回しになったと考えられる。
1991年5月17日北海道告示第765号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
天塩郡幌延町字幌延106番1地先から
天塩郡幌延町元町6番3地先(河川敷地)まで
10.91m から 33.00m まで1,291.40m道道稚内幌延線重複 L = 1,236.10m
同上7.60m から 25.00m まで1,939.60m道道稚内幌延線重複 L = 349.00m
告示注
  • 実延長の起点を、図1▲のB地点からA地点へ変更した。重用延長が短くなっている。
参考文献
  • 『幌延町史』(1974年4月1日発行)
  • 『新幌延町史』(2000年12月12日発行)