留寿都喜茂別線・終点の謎 前編

留産橋の架け替え

写真Aについて
  • ズームアウトは、初期画面より3段階まで。

写真A・留寿都喜茂別線終点付近。尻別川を渡る留産橋(川の流路は下方から上方)。川の左岸を一般国道276号が、右岸を喜茂別町道喜茂別留産線が通る。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 終点付近の表示範囲を拡げる留寿都喜茂別線起点へ初期画面へ

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・1976年9月28日撮影。喜茂別町字比羅岡の国道交点から旧終点付近。留寿都喜茂別線の留産橋は現橋より川上にあり、画面左から合流する町道の国道交点も違う。国道の留産覆道は1983年11月完成で、未着手の状態である。旧国鉄胆振線が尻別川右岸を通る。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・66.7%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。

留寿都喜茂別線は留寿都村の中心部と喜茂別町字留産を結ぶ、延長約 9.7km の路線です。

起点が岩内洞爺線交点であるのに対し、終点は喜茂別町道喜茂別留産線交点です。なぜ終点が国道交点ではなく、付け足しのような区間が存在するのか。その謎は後述するとして、認定当時と現在とでは終点位置が異なる点に触れておきます。

尻別川を渡る留産橋の架け替えに伴い、1997年3月より終点が移動しました。

写真Bの留産橋は1956年完成で全長 55.6m・幅員 5.5m です。老朽化に加え、全長が短くて河川敷内に収まらないこともあり、尻別川河川改修事業の一環として架け替えられました。

新しい留産橋は全長が 99m と長く、幅員も 10m を確保し、川下側に幅員 2.5m の歩道を設けました。

一般国道276号にも、道道に近い倶知安寄りに1967年完成・全長 110m の留産橋があります。至近距離に同名の橋が架かっているのは珍しく、別の橋名にしなかったのか不思議です。

写真1。現在の終点。
写真1。留寿都喜茂別線の終点。案内標識のヘキサが道道を示している。終点方向車線に歩道が設置された。2008年10月11日撮影。撮影地 虻田郡喜茂別町字留産
写真2。かつての終点。
写真2。留寿都喜茂別線の旧終点。道路の途切れる先で、旧国鉄胆振線の踏切と旧留産橋を渡っていた。2008年10月11日撮影。撮影地 虻田郡喜茂別町字留産

関連する告示(道道留寿都喜茂別線)

1997年3月21日北海道告示第412号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
虻田郡喜茂別町字比羅岡32番1地先から
虻田郡喜茂別町字留産21番1地先まで
10.50m から 33.00m まで378.00m一般国道276号重複 L = 169.00m
虻田郡喜茂別町字比羅岡32番1地先から
虻田郡喜茂別町字留産21番10地先まで
11.00m から 33.00m まで695.00m一般国道276号重複 L = 360.00m
告示注
終点位置を変更した。川下にルート変更したため、総延長・重用延長ともに増加している。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真C・1995年7月18日撮影。旧留産橋の下流に建設中の現留産橋。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万5千分1。