栗沢停車場線の延長

終点の位置と総延長

岩見沢市(旧栗沢町。2006年3月27日合併)のJR栗沢駅と栗沢南幌線中幌向栗沢線交点を結ぶ栗沢停車場線は、道路現況調書による実延長が 50m となっています(表1を参照。延長の単位はメートル)。

ところが、栗沢停車場線に関する過去の告示をみると、実延長が 45m または 41m と読み取れる記述がありました。同線の図面を3種類入手し、検証しました。

表1 実延長が 100m 未満の道道
路線名市町村延長重用延長延長最新告示年月日備考
遠別停車場線遠別町497421962年11月8日
小頓別停車場線中頓別町559461966年2月26日橋梁あり。
砂川停車場線砂川市6414501977年5月4日
栗沢停車場線岩見沢市599502002年3月19日
新紋別空港線紋別市8126551999年7月27日
有珠停車場線伊達市6610561964年12月22日
芽室停車場線芽室町7211612004年3月19日終点位置を2度変更している。
中標津停車場線中標津町6868区域を決定した告示は未発見。
美唄停車場線美唄市8314692002年2月22日
風連停車場線名寄市809711963年7月19日
女満別空港インター線大空町10012882005年3月25日
士別剣淵インター線士別市10513922003年9月30日
智恵文停車場線名寄市2,2942,195991986年1月20日
表1注
  • 延長の数値は『道路現況調書』(2017年4月1日現在。北海道建設部建設政策局維持管理防災課)を参照した。
  • 最新告示年月日は区域の決定・変更・供用開始に関する告示とし、整理番号や路線名変更の告示は除外した。

実延長を検証する前に、栗沢停車場線の総延長と重用延長を検証しましょう。

1976年の告示を見るに、先の数値は誤っていると、断言していいと思います。

1976年9月2日北海道告示第3106号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
空知郡栗沢町北本町1番1地先(日本国有鉄道敷地界)から
空知郡栗沢町北本町4番地先(道道栗沢南幌線交点)まで
17.45m から 18.18m まで59.48m
空知郡栗沢町北本町4番地先から
空知郡栗沢町東本町22番2地先(一般国道234号交点)まで
9.08m から 18.18m まで524.84m道道栗沢南幌線重用区間

上記告示は、認定時の起終点に則って定めたといえます。

1962年8月1日北海道告示第1731号(道道の路線の認定)
整理番号路線名起点終点重要な経過地道路法該当号
374栗沢停車場線栗沢停車場 空知郡栗沢町2級国道岩見沢苫小牧線交点 空知郡栗沢町5

したがって栗沢停車場線の終点は、あくまで図1のB地点であり、栗沢南幌線と重複すると考えます。

図1について
  • ズームアウトは、初期画面より2段階まで。

図1・岩見沢市栗沢町中心部の地図。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 広域表示初期画面へ

区域決定からさらに15年半後の1992年、栗沢停車場線の区域変更が告示されます。両方向の歩道を拡幅する事業が実施されたためです。

1992年3月31日北海道告示第473号(道路の区域の変更および供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
空知郡栗沢町北本町1番1地先から
空知郡栗沢町東本町22番2地先(一般国道234号交点)まで
9.09m から 18.18m まで583.74m道道栗沢南幌線重複 L = 509.54m 一般国道234号重複 L = 23.80m
同上9.09m から 31.31m まで579.20m道道栗沢南幌線重複 L = 510.40m 一般国道234号重複 L = 23.80m
告示注
  • 計算上の実延長は、変更前が 50.40m で変更後が 45.00m となる。
  • しかし 500分1 の図面で計測する限り、拡幅したものの延長自体は変わらないため、実延長は変更前と同じとみてよい。
  • 区域決定の告示▲による実延長は 59.48m で、理由は不明だが総延長・重用延長の合計が違う。ここでは、一般国道234号交点までの区域を変更している点に注目したい。

1995年10月に測量が実施され、翌1996年告示されました。理由は「道路区域調査による区域の確定」となっています。

1996年11月22日北海道告示第1784号(道路の区域の変更および供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
空知郡栗沢町北本町1番1地先から
空知郡栗沢町北本町4番1地先まで
20.00m から 31.31m まで50.00m道道栗沢南幌線重複 L = 9.00m
同上22.91m から 31.31m まで50.00m道道栗沢南幌線重複 L = 9.00m
告示注
  • 計算上の実延長は 41.00m で、遠別停車場線より短くなる。
  • しかし、1千分1の図面を計測すると実延長 50m+重用延長 9m となり、告示の延長は「59.00m」が正しいようだ。

最も新しい告示は2002年です。

2002年3月19日北海道告示第452号(道路の区域の変更および供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
空知郡栗沢町北本町1番1地先から
空知郡栗沢町北本町4番1地先まで
20.00m から 31.34m まで50.88m
同上22.89m から 31.31m まで50.88m
告示注
  • 前回の告示と変更前の幅員が同じで、変更後の幅員が微妙に違う。
  • 延長が若干長くなったほか、重用延長がなく、修正の意味合いがあるのかもしれない。

検証の結果、栗沢停車場線は実延長 50m、重用延長 534m、総延長 584m ではないかとの結論に達しました。

交点の重用延長について

図2。
図2。交点で発生する重用延長の概念図。

表1▲の道道は短距離にもかかわらず、重用延長があります。これはなぜでしょうか。

図2は、国道と都道府県道の交差点です。丸で囲んだ部分が交点にあたります。A・B区域が都道府県道の重用延長で、終点の地番はA区域、起点の地番はB区域の、それぞれ最寄りに位置する地番です。重複の境界は、上位道路の中心線上です。

両者が同格の場合は、番号の小さい道路が上位となります。

茂世丑最上線の終点

茂世丑最上線の終点は当初、図1▲のB地点にありました。現在地への変更は1980年からです。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真A・1978年9月2日撮影。建設中の道立福祉村と道道茂世丑最上線新ルート。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、83.5%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。

茂世丑最上線現ルートの沿線に道立福祉村が建設されました。1972年に、堂垣内北海道知事が表明した構想です。道内33市町村が誘致に名乗りを挙げ、調査の結果栗沢町に決定し、1979年より開村しました。福祉村の管理・運営は北海道社会福祉事業団に委託し、2006年4月からは移管され「北海道社会福祉事業団福祉村」へ改称しました。

福祉村は地域との開かれた交流を通して、障がい者が生きがいを持てる暮らしができることを目指した施設です。詳細は、北海道社会福祉事業団福祉村のサイトをご参照ください。

あくまで想像ですが、道立施設へのアクセスルートとして、道道の新ルートを建設したのではないでしょうか。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・2017年6月12日撮影。道立福祉村を回る道道茂世丑最上線。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、40%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。

関連する告示(道道茂世丑最上線)

1980年6月14日北海道告示第1574号(道路の区域の変更および供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
空知郡栗沢町字最上244番1地先から
空知郡栗沢町字最上289番1地先(一般国道234号交点)まで
15.00m から 30.50m まで1,000.00m一般国道234号重複 L = 15.46m
空知郡栗沢町字最上244番1地先から
空知郡栗沢町字最上302番5地先(一般国道234号交点)まで
16.10m から 55.00m まで2,636.04m一般国道234号重複 L = 15.17m
告示注
  • ルート変更の結果、総延長は 1.6km 余り長くなった。
走行記事