瑞穂安平停車場線・前編

本稿の内容は、2019年9月6日現在です。

2018年9月6日3時7分、胆振地方中東部を震源とし、マグニチュード6.7、最大震度7の平成30年北海道胆振東部地震が発生した。震源に近い厚真町・むかわ町・安平町では甚大な被害が発生し、札幌市の一部でも大きな被害が出た。また厚真町の苫東厚真火力発電所が損傷で停止した影響で道内全域が停電、ほぼ復旧するまで2日を要する事態も起きた。

本稿では安平町の瑞穂ダムと周辺の瑞穂安平停車場線に絞って、被災状況やこれまでの経緯を記述したい。

被災した瑞穂ダムの周辺

写真Aについて
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
  • 場所により、航空写真を拡大すると解像度が劣ります。

写真A・瑞穂ダム周辺。赤・紫・黄色は旧道道。赤色はダム建設前からのルートで今なお通行可能。紫色はダム建設時、一時的に切り替えられたルートで水没していない部分。黄色は水没した旧起点付近。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 初期画面を表示

堤体周辺

調査の結果、次の被害が確認された。

  • 階段に亀裂が発生。
  • 駐車場と堤体接合部で亀裂が拡大した。
  • 堤頂下流部の法肩に亀裂が3か所あった(深さは標高の高い場所から順に、315m・207m・197m)。

「堤頂下流部の法肩」とは、瑞穂ダムと大きく表示されている斜面を指す。

貯水池と道路

倒木や土砂崩れの影響により、瑞穂安平停車場線と接続する安平町道瑞穂林道2号線、周辺の林道は通行止めが続いている。

被災の詳細は画像の説明文に記した。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・2015年9月17日撮影。地震発生前の瑞穂貯水池上流側。瑞穂大橋周辺に水はなく、ダム建設前の道路が露出している。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、40%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真C・2018年9月11日撮影。地震で周辺の斜面は崩れ、瑞穂大橋・水明橋・鳥取橋周辺に大量の流木が滞留した。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、20%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真D・町道瑞穂林道2号線の瑞穂大橋。橋本体は致命的損傷を免れたものの、下流側の防護柵が一部損傷した。周囲の山崩れにより大量の流木でダム湖がせき止められ、橋の前後を通る町道・林道が寸断されている。2018年9月11日撮影。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし。縮尺は1万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真E・水明橋。谷が流木で埋まり、橋を支える部分がずれる現象も生じた。右上は、町道瑞穂林道2号線の決壊箇所である。水明橋から約100m上流が、道道と町道の境界。2018年9月11日撮影。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は1万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真F・鳥取橋。橋梁を支える移動制限装置が損傷、防護柵が変形した。ここも谷が流木で埋められ、道道は土砂崩れに遭っている。ダム湖へ分かれる道を分岐してすぐの地点に、道道の瑞穂ゲートがある。2018年9月11日撮影。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は1万分1。

復旧工事

瑞穂ダム周辺は災害復旧の対象に含まれている。

おおよそ次の手順で工事は進められる。国土交通省・災害復旧事業の主な流れを参照した。

  1. 現地調査を実施し、被災状況を把握する。
  2. 復旧に向けた設計図書を作成する。
  3. 査定を実施し、事業費を決める。
  4. 公告・入札を経て、施工業者と契約する。
  5. 復旧工事を行う。
  6. 緊急性が高い場合、被災直後から応急の工事に入る。施工業者とは随意契約となる。

2018年度は主に応急工事や調査・設計が行われ、2019年度から災害復旧工事が本格化した。9月上旬からは、多くの大型車が瑞穂安平停車場線や一般国道234号を行き交うとのことである。

表1 瑞穂ダム周辺の2018年度災害復旧工事(落札額は税抜き)
落札日納入期限落札額工事名称
2018/10/022018/12/20425万円瑞穂安平(停)線災害復旧工事地質調査その1
2018/10/022018/12/20238万円瑞穂安平(停)線災害復旧工事地質調査その2
2018/10/022018/12/20241万円瑞穂安平(停)線災害復旧工事地質調査その3
2018/10/022018/12/20244万円瑞穂安平(停)線災害復旧工事地質調査その4
2018/10/162018/12/20775万円瑞穂安平停車場線外災害復旧工事(水明橋外)橋梁補修設計
2019/01/172019/03/20940万円早来瑞穂地区A災害関連緊急治山測量設計委託業務
2019/01/172019/03/209,900万円早来瑞穂地区A災害関連緊急治山工事
表1の工事発注者について
  • 治山に関する工事は胆振総合振興局産業振興部林務課。治山以外は室蘭建設管理部。
  • 工事内容の詳細は調べておりません。
表2 瑞穂ダム周辺の2018年度災害復旧工事(随意契約。落札額は税抜き)
落札日契約日落札額工事名称工期開始工期終了主な工事内容
2018/12/132018/12/136,842万円早来地区瑞穂ダム復旧対策検討等業務 注1▼2018/09/182019/03/22被災した瑞穂ダムの復旧対策検討を早急に行う必要があるため、随意契約とした。堤体及び貯水池法面の調査、堤体の設計、地滑り対策工の設計、堤体材料の土質試験及び室内試験、ダム検討委員会資料の作成。
2018/12/132018/12/141,030万円早来地区瑞穂ダム応急工事2018/09/182019/03/15緊急に応急工事を講じなければ、堤体の亀裂が降雨及び融雪水により洗掘され更なる被害を受けるため、随意契約とした。応急対策箇所である、亀裂の深度及び延長を確認する堤体の一部開削工事。早期に堤体復旧を行うため、盛立材料を確認する原石山試掘工事など。
表2の工事発注者について
  • いずれも室蘭開発建設部。
  • 緊急性の高い工事で、被災から間を置かずに実施した。
  • 「原石山」とは、コンクリートの材料となる岩石を採取する山のことで、ダム周辺から確保する。原石山という名前の山ではない。
注1

当初4,012万2,000円だった税込み契約額は次の理由により、2019年3月8日に7,389万3,600円へ増額となった。

  • 堤体試掘調査の結果、試験数量の変更及び試験項目の追加を行った。
  • 原石山調査の結果、コンクリート材に適さなかったため土を購入し、物性値調査を行った。
  • 崩落土砂の撤去計画決定に際し、崩落土砂の土質試験を行った。
  • ダム技術検討委員会より、耐震性能照査の実施と試験湛水レベルでの貯水計画を提言され、堤体設計にあたって追加検討を行った。
  • 試験湛水実施の際、堤体挙動観測装置の健全性調査を行った。このため、工期終了を3月15日から一週間延期した。
表3 瑞穂ダム周辺の2019年度実施災害復旧工事(落札額は税抜き)
公示日落札日落札額工事名称工期開始工期終了主な工事内容
2019/01/172019/02/211億7,000万円早来地区瑞穂ダム堤体災害復旧工事2019/03/152020/02/28流出土砂排除、掘削土 7,000m³、堤体復旧、地覆・高欄、階段復旧、産業廃棄物処理
2019/04/092019/05/281億8,600万円30年災586号瑞穂安平(停)線外災害復旧工事2019/06/052020/03/23崩土除去 21,000m³、水明橋・鳥取橋補修(伸縮装置・支承・防護柵)、ほか安平町内道道1路線
2019/05/282019/06/272億円早来瑞穂地区Aその2(第1工区)災害関連緊急治山工事2019/07/--2020/03/23床固め、コンクリートブロック 520m³、谷止め、コンクリートブロック 375m³、土留め鋼製 83m、法切り 4,632m³
2019/05/282019/06/273億300万円早来瑞穂地区Aその2(第2工区)災害関連緊急治山工事2019/07/--2020/03/23谷止め、コンクリートブロック 333m³、谷止め、コンクリートブロック 513m³、土留め鋼製 170m
2019/06/062019/07/251億7,600万円早来地区瑞穂ダム右岸貯水池復旧工事2019/08/012020/03/23土砂流出等排除 10,500m³、土砂流出抑制 L=40m
2019/06/132019/08/223億8,039万円早来地区瑞穂ダム貯水池復旧工事2019/09/022020/03/23土砂流出等排除 49,500m³、土砂流出抑制 L=127m
2019/06/132019/08/223億7,299万円早来地区瑞穂ダム水明橋工区復旧工事2019/09/022020/03/23土砂流出等排除 45,000m³、土砂流出抑制 L=31m
2019/06/132019/08/222億2,357万円早来地区瑞穂ダム鳥取橋工区復旧工事2019/09/022020/03/23土砂流出等排除 31,500m³、土砂流出抑制 L=79m
表3の工事発注者について
  • 「早来地区瑞穂ダム」を冠した工事は室蘭開発建設部。
  • 治山工事は胆振総合振興局産業振興部林務課、道道復旧工事は室蘭建設管理部。

胆振東部地震から1年後を上空から見た映像。45秒過ぎから映る瑞穂大橋周辺は、これから復旧工事が進むであろう。

なお瑞穂大橋を含む町道瑞穂林道2号線の工事は、着手されていないようである。瑞穂大橋は2018年度に定期点検実施の予定だった。安平町が開設したデジタルアーカイブ|平成30年北海道胆振東部地震のページでは、瑞穂大橋上にて土砂を除去している様子が確認できる(写真)。

リンク先のツイートに2019年4月の瑞穂大橋が撮影されている。

また瑞穂ダムは、貯水池の水を抜いた状態にある。

参考文献
  • 安平町橋梁長寿命化修繕計画』(安平町。2013年2月、2018年8月一部改訂)
  • 『北海道建設新聞』
    • 2018年-10月3日付、10月6日付、10月17日付、11月6日付、11月20日付
    • 2019年-1月17日付、1月21日付、2月22日付、3月5日付、4月9日付、5月29日付、6月6日付、6月14日付、6月28日付、7月26日付、8月23日付
  • 平成30年北海道胆振東部地震被害調査報告』(株式会社エイト日本技術開発、2018年12月)
  • 寒地土木研究所月報 平成30年(2018年)北海道胆振東部地震被害調査報告特集号』(2019年3月26日)
  • 「平成30年北海道胆振東部地震」への対応状況等について』(北海道開発局、2019年5月30日)
  • 広報あびら 2019年8月号』(安平町)
  • 総合評価落札方式入札結果(北海道開発局)
  • 電子調達 北海道電子自治体共同システム