北の点線道道・伊文政和線 後編

道道昇格まで

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
図3について
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。
  • 赤い線は路線図や測量図を基に再現しました。出来るだけ忠実な描写を心がけましたが、精密性・正確性は保証いたしかねます。大まかな目安程度に捉えていただければ幸いです。

図3・伊文政和線のルート。重複・未供用区間はA地点からC地点まで。認定時はD地点から通行できたようだ。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 供用区間を拡大初期画面を表示

政和地区の入植は、1911(明治44)年より始まります。雨竜川右岸は皇室の財産で、入植者に貸付されました。北大演習林の左岸も同時期に入植が始まり、同じく貸付されました。

入植者たちは、現在の士別市温根別町から峠越えで添牛内へ入り、政和まで南下しました。その先、雨竜川の谷が狭まる雨煙別の間は道路が開削されておらず、舟運もありません。雨煙別への渡し船は1918(大正7)年ころの開設とされ、道路が通じたのは1925(大正14)年です。これに先駆けて開かれたのが、雨竜川に橋を架けて伊文へ山越えする道路でした。

道路の歴史は、1920(大正9)年の村道認定に始まります。

現地調査ののち北海道庁の事業として1922(大正11)年着工、同年11月に完成しました。山越えの伊文地区は当時剣淵村に属し、1927(昭和2)年10月1日より温根別村として分離します。1954年7月1日に士別市と合併しました。

1931(昭和6)年9月15日に深名線政和駅が開業すると、山道の利用者はいなくなって廃道と化し、長い月日が経過します。

昇格前の路線名は「政和犬牛別線」でした。

1967年2月開会の道議会に、幌加内町長は政和犬牛別線道道昇格を請願します。だが、1971年2月開会の議会まで継続審議とされた末、採択に至りませんでした。

1975年、幌加内町は「過疎地域振興五ヶ年計画」に、政和犬牛別線の早期着工実現を盛り込みます。1977年3月、当時の幌加内町長は政和犬牛別線の道道昇格について、強力な運動を展開すると執行方針の中で述べています。同年6月の町議会で、政和犬牛別線の測量を補正予算に組み込みます。これを受け、8月に図3▲のD地点から士別市境界までの測量が実施されました。

12月9日開会の第4回定例道議会に、伊文政和線を含む道道の認定と廃止の議案が提出され、12月22日に可決されました。認定は1978年5月6日です。

未供用区間のルート

政和の行き止まりから起点までのルートは、おおよそ次のとおり。1と2は幌加内町、3以降は士別市。

  1. 伊文越沢川に沿ってさかのぼる。途中、一度だけ川を渡る。1977年調査の道路台帳を見る限り、橋は架設されていない模様。
  2. 伊文越沢川の源流を過ぎ、高度を上げ、360度近く方向を変えて南進し、士別市境界に至る。
  3. 北大研究林から国有林(水源かん養保安林)に変わる。
  4. 南進ののち、第二マムシ沢川に沿って下る。途中、ヘアピンカーブがある。
  5. 現在はマムシノ沢川合流点付近で左岸から右岸に移っている(図5)。当初測量のルートは、左岸をそのまま東進していた(図4)。温根別ダムに抜ける道は、マムシ沢林道という。
  6. 温根別ダム直下にあるマムシノ沢川・犬牛別川合流点の北を通り、雨竜旭川線交点に至る計画だった。
  7. 雨竜旭川線と重複し、図3▲のA地点付近が起点とされている。
  8. 雨竜旭川線走行記録(犬牛別峠・温根別ダム)の写真62が、A地点に相当するとみています。
5万分の1地形図「幌加内」(昭和59年修正)を約1.2倍に拡大。
図4。地形図では「マムシ沢川」とある第二マムシ沢川から、犬牛別川まで左岸沿いに道があった。5万分1地形図「幌加内」(1984年修正)を約1.2倍に拡大。
5万分の1地形図「幌加内」(平成8年第2回編集)を約1.2倍に拡大。
図5。マムシノ沢川合流点から右岸に道が移っている。最新の地形図では、点線部分の道が描かれていない。5万分1地形図「幌加内」(1996年第2回編集)を約1.2倍に拡大。

かつての地形図では、ルートが点線で描かれています。表題に「点線道道」の文字を入れた所以です。

しかし、実際に踏破できるかは不明です。少なくとも、ネット上で記録を見たことはありません。

現地へ立ち入る行為は、生命にかかわります。安易な気持ちで踏破を試みるのは、極めて危険です。

参考
第二マムシ沢探索の記録士別の地質
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真C・2011年6月21日撮影。温根別ダムからマムシノ沢川右岸へ林道が通っている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真D・1978年9月12日撮影。温根別ダムは建設中。マムシノ沢川左岸に沿う道が見える。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、81%に縮小。元画像の縮尺は1万5千分1。

政和橋から終点までの区間は、780m の路盤を改良し、舗装しました。工事期間は1983年~1985年です。

未供用部分の整備を道に要望してきたが難しい状況にある」と『新幌加内町史』は書いています。伊文政和線の優先度は低いと見なされたのでしょう。

関連する告示(道道伊文政和線)

1981年3月28日北海道告示第614号(道路の区域の決定)
区間敷地の幅員延長国道等との重複区間
士別市温根別町伊文1線(国有地)地先から
士別市温根別町伊文1線(国有地)地先まで
10.90m から 19.00m まで500.00m道道雨竜旭川線重複 L = 500.00m
士別市温根別町伊文国有林士別事業区84林班に小班地先から
雨竜郡幌加内町字政和北海道大学演習林107林班地先まで
14.54m から 24.00m まで6,234.42m未開削区間
雨竜郡幌加内町字政和北海道大学演習林107林班地先から
雨竜郡幌加内町字添牛内地先(日本国有鉄道敷地・一般国道275号交点)まで
4.18m から 17.00m まで2,877.18m一般国道275号重複 L = 8.50m
告示注
  • 未開削区間は、図3雨竜旭川線分岐からD地点まで。
  • 当時の字名は、政和の一部に添牛内が含まれていた。1982年11月19日施行の字名改正で、政和は政和第一・政和第二・政和第三に分割された。
  • 1979年5月に行われた幌加内町議会の席上、当時の町長は「伊文・政和線は町道を道に移管のための測量調査を町費で行う計画であ」ると表明した。図3のD地点からB地点までの測量は、同年10月と1980年8月の2度に分けて実施された。なお士別市側の測量は市の費用によって、1980年2月に実施されている。
  • 両市町の測量後、道へ引き継がれた。
1981年6月15日北海道告示第1315号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
雨竜郡幌加内町字政和北海道大学演習林107林班地先から
雨竜郡幌加内町字添牛内地先(日本国有鉄道敷地・一般国道275号交点)まで
昭和56年6月15日
告示注
  • 町道時代に供用開始を告示していないため、区域決定を経て供用開始を告示した。
参考文献
  • 『広報ほろかない縮刷版(1951~1997)』(幌加内町発行。1997年8月)
  • 『幌加内町史』(1971年9月1日発行)
  • 『新幌加内町史』(2008年3月31日発行)
  • 北海道鋼道路橋写真集 第8巻(北海道土木技術会鋼道路橋研究委員会)
  • このほか、『北海道議会時報』を参照しました。