上厚真苫小牧線の変貌・中編その2

勇払川改修と交点

当初の上厚真苫小牧線は沼ノ端市街を抜けると、一直線に東へ向かっていました。旧国鉄富内線跡を転用したルートです。

途中、勇払川を渡る稔橋がありました。堀淳一氏は著書『地図を歩く』の中で、「もとの鉄橋の上にコンクリートの橋桁を載せて作られたことが明らか」と書いています。稔橋廃止とルート変更は、勇払川の改修と関係します。

昭和の変更

勇払川はモラップ山と丸山遠見の中間に源を発し、北海道大学研究林を抜け、美々川と合流するウトナイ湖を経て南下し、安平川と合流します。北海道が管理する2級河川です。苫小牧市が使用する上水道用水の一つでもあります。

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンで横幅が 400px を下回る時、記述の倍率と異なる場合があります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「千歳」(昭和42年編集)と5万分の1地形図「苫小牧」(昭和43年編集)を約1.6倍に拡大。
図1。勇払川は自然のままに蛇行していた。5万分1地形図「千歳」(1967年編集)と5万分1地形図「苫小牧」(1968年編集)を約1.6倍に拡大。
5万分の1地形図「千歳」(平成2年要部修正)と5万分の1地形図「苫小牧」(昭和60年修正)を約1.6倍に拡大。
図2。直線化され堤防が設けられた。稔橋は廃止、道道は沼ノ端橋経由に変わっている。5万分の1地形図「千歳」(1990年要部修正)と5万分の1地形図「苫小牧」(1985年修正)を約1.6倍に拡大。

湿地帯を流れることもあり、ウトナイ湖水位上昇の記録があるものの、大規模な洪水は発生していません。

1960年代に入り、次の目的から勇払川改修が構想されました。

  • 勇払川の水を工業用水に利用する。
  • 将来は、流域の発展が見込まれる。その時に備え、治水対策を施す。

苫小牧港と周辺の開発が改修の背景にあります。1963年度に計画が策定され、翌年度から事業が始まりました。現在の道央自動車道勇払川橋西方から蛇行する流路を直線化し、勇振大橋付近から新たな水路を設けてトキサタマップ川に合流させ、ウトナイ湖へ流入させる。蛇行する下流も直線化し、300m ~ 400m の川幅を確保する計画でした。

下流部の工事は1969年から1979年まで実施されました。上厚真苫小牧線の稔橋は廃止され、左岸堤防を迂回するルートへ改められたほか、1973年に一般国道234号沼ノ端橋の橋長が 36.82m から 308.10m へ延伸されました。当時は2車線で、4車線化に際しJR寄りに橋を増設し、1993年10月に完成しています。室蘭本線・千歳線の橋梁も延伸されました。

廃止された稔橋は撤去されず、次のツイートの写真やリンク先によれば今なお残っているようです。

国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真A・1966年9月2日撮影。原野を一直線に貫く千歳線・一般国道234号・道道上厚真苫小牧線と、蛇行する勇払川。美々川とは、ウトナイ湖の南で合流していた。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、66.7%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・1970年5月16日撮影。最初に流路が変更されたのは、稔橋周辺だった。新水路によって道路は分断され、沼ノ端橋周りの新ルートが開通している。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、55.8%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真C・1975年10月14日撮影。沼ノ端橋から安平川合流部まで、勇払川が切り替わった。旧水路の痕跡が色濃く残っている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、23.7%に縮小。元画像の縮尺は8千分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真D・2018年8月20日撮影。時は移り変わり、稔橋は樹々に隠れ、日高自動車道が開通し、勇払川改修の際に開通したルートも廃道と化した。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、24.5%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。

関連する告示(道道上厚真苫小牧線)

1972年1月21日北海道告示第224号(道路の区域の変更及び供用の開始)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
苫小牧市字柏原5番の1地先から
苫小牧市字沼ノ端61番の3地先まで
前17.27m から 22.00m まで2,385.00m
苫小牧市字沼ノ端61番の3地先から
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先まで
前222.00m から 29.00m まで256.00m一般国道235号重用区間
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先から
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先まで
前350.00m から 50.00m まで44.00m
苫小牧市字柏原5番の1地先から
苫小牧市字柏原7番の1地先まで
後120.00m から 50.00m まで1,207.00m
苫小牧市字柏原7番の1地先から
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先まで
後222.00m から 39.00m まで2,039.50m一般国道234号重用区間
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先から
苫小牧市字沼ノ端53番の1地先まで
後350.00m から 50.00m まで44.00m
告示注
  • 稔橋経由から国道の沼ノ端橋経由に切り替えた。
  • 重複区間が大幅に伸びている。
  • 前1・前2のうち、沼ノ端市街地は旧道経由だった。一般国道235号重複とあるのは、そのためである。
  • 本告示より234号の重複区間は、沼ノ端橋近くから現在の沼ノ端中央2丁目と3丁目・東開町6丁目交差点までに変更された。

平成の変更

上流部は、勇振大橋より西側が1965年から1979年に施工されました。

しかし、これより東側の工事は難航を極めます。ウトナイ湖周辺の自然を保護する意識が高まり、環境に配慮した計画を策定する必要に迫られたためです。ウトナイ湖西岸に 550m の築堤を施工したのみで、1978年度から中断を余儀なくされました。

環境調査協議会が設立され、環境調査と協議を重ね、水路を当初案より国道寄りに変更するなど計画を修正し、建設省の了承を得たのは1987年3月でした。その後、ウトナイ湖とトキサタマップ川の合流部にオオジシギ(注1▼)の採餌場が発見され、環境アセスメント調査・計画の変更を行います。苫小牧市や自然保護団体との協議を重ねた末、同意を得て事業に着手し、1999年1月より切り替えました。旧河川は「旧勇払川」に名前を変更し、2010年に苫小牧市へ移管されました。

2万5千分の1地形図「ウトナイ湖」(平成5年修正測量)を約0.6倍に縮小。
図3。勇払川上流は、勇振大橋まで整備済みだった。「宅地造成中」の文字も見える。2万5千分1地形図「ウトナイ湖」(1993年修正測量)を約0.6倍に縮小。
2万5千分の1地形図「ウトナイ湖」(平成20年更新)。約0.6倍に縮小。
図4。勇払川はウトナイ湖へ流れるよう変更された。沼ノ端地区の市街化が進む。2万5千分1地形図「ウトナイ湖」(2008年更新)を約0.6倍に縮小。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真E・1991年6月26日撮影。勇振大橋からウトナイ湖まで、河道工事中の状況。日高自動車道の工事も始まっている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、40%に縮小。元画像の縮尺は2万5千分1。
注1
チドリ目シギ科。4月から10月まで日本やサハリンで過ごし、オーストラリアで越冬する。日豪渡り鳥条約に指定されている。
参考文献
  • 廃線探索 富内線(歩鉄の達人)
  • 『川のあゆみ』(北海道室蘭土木現業所苫小牧出張所。1993年3月発行)
  • 『橋梁、トンネル、立体横断施設、覆道等現況調書』(北海道開発局。2008年4月1日現在)
  • このほか、苫小牧市議会の議案書・議事録を参照しました。
苫小牧シリーズ
記事一覧を表示 記事一覧を隠す