国道234号の終点

道道→二級国道岩見沢苫小牧線の終点

岩見沢市と苫小牧市を栗山町・安平町経由で結ぶ一般国道234号の終点はこれまで、2度変更されました。まず、国道指定までの経緯を表1にまとめましょう。

表1 岩見沢-栗山-安平-苫小牧間の国道指定
年月日できごと
1920(大正9)年4月1日旧道路法施行。国道28号に認定。
1952(昭和27)年12月4日1級国道の指定から漏れる。
1952年12月5日旧道路法廃止。現行の道路法施行。
1953(昭和28)年3月23日道道1号岩見沢苫小牧線に認定。
1953年5月18日2級国道岩見沢苫小牧線(234号)に指定。
1954(昭和29)年3月30日道道岩見沢苫小牧線を廃止。
1965(昭和40)年4月1日一般国道234号となる。

道道認定から2級国道指定までの動きは、1953年3月23日北海道告示に詳しく書いています。

さて、岩見沢苫小牧線は、全区間が開発道路(注1▼)に指定されており、指定区間の終点は「苫小牧市字美々152番」でした。違和感があるでしょう。なぜ字沼ノ端ではないのか。なお苫小牧市に「字美々」があったいきさつは、美々と美沢▼をご参照ください。

結論を述べると、一般国道243号の終点は当初、字美沢にありました。つまり、千歳鵡川線の安平町早来までは旧国道でした。1960年代はじめまで、早来と沼ノ端を直結する交通は室蘭本線しかなかったのです。

図1について
  • ズームアウトは初期画面より1段階まで。

図1・新千歳空港から苫小牧市沼ノ端にかけての地図。赤色の線は一般国道234号の旧ルートを、紫色の線は同36号の旧ルートを表す。マーカーをクリックすると、該当地点の情報を表示します。 旧終点を拡大現終点を拡大沼ノ端駅付近を拡大初期画面を表示

2級国道指定から間もない、1955年12月15日に開かれた参議院建設委員会の場で「北海道苫小牧市、早来村間道路新設に関する請願」が審議されます。

常任委員会専門員

二百十八号(引用者注。請願の番号)は、北海道の苫小牧線中の早来村と苫小牧市の沼の端間が非常に迂回することになるので、これを室蘭本線沿いの下安平、遠浅、柏原、植苗を通って行くようにしてもらいたいという請願でございます。

建設省道路局長

この道路は全然新設になりますので、よく調査いたしまして実施する計画でございます。

建設委員会委員長

これはまだ調査の関係で、保留にいたします。

採択が見送られた後の経過は不明です。少なくとも、調査は実施したでしょう。

工事は1961年より始まりました。早来から遠浅までは1962年度に測量、1963年12月に完成します。遠浅と沼ノ端の間は、1963年度に測量が行われました。沼ノ端へ至るルートが国道に編入されのは1966年6月です。未舗装で開通し、数年のうちに舗装されました。旧ルートは1967年3月に国道指定を解除され、重複していた千歳鵡川線へ移管されました(注2▼)。

関連する告示(一般国道234号)

1966年6月22日建設省告示第2024号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
勇払郡早来町栄町21番から 苫小牧市字美沢153番まで前A8.00m ~ 27.27m9.009km
同上後A8.00m ~ 27.27m9.009km
勇払郡早来町栄町21番から 苫小牧市字沼の端226番まで後B7.90m ~ 81.00m16.963km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
1966年6月22日建設省告示第2023号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
勇払郡早来町栄町21番から 苫小牧市字沼の端22番42まで昭和41年6月23日
告示注
  • 変更理由を、室蘭開発建設部は次のように説明している。

    当該地区は岩見沢、苫小牧市を結ぶ一般国道234号線の主要経過地にあるが、近年の急速なる高速車輌の増大に伴い在来構造の道路では近代道路に要求されている交通の安全とスピードアップを安全に実施することは不可能なので、この障害を防除するため工事を行なう。

  • 工事は1967年度完成を目指していた。
  • 供用を開始した区間は、図1▲のD地点まで。残る一般国道36号交点までは、上厚真苫小牧線や苫小牧市道を昇格させた。
  • 告示原文の区間終点は、A・B区域とも「字沼の端226番」で統一されている。本稿では位置関係を捉えやすいよう、A区域の区間終点を「字美沢153番」とした。
1967年3月7日建設省告示第418号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
勇払郡早来町栄町21番から 苫小牧市字美沢153番まで前A8.00m ~ 27.27m9.009km
勇払郡早来町栄町21番から 苫小牧市字沼の端226番まで前B7.90m ~ 81.00m16.963km
同上後B7.90m ~ 81.00m16.963km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
告示注
  • 終点を、図1▲のC地点からB地点へ変更した。
注1

管理主体の北海道に代わって、国(北海道開発局)が道路を管理する制度。
詳しくは開発道路とは何かをご参照ください。

注2
移管された道道千歳鵡川線の区域告示は、実に22年後である(別表)。
別表 1989年2月23日北海道告示第254号(道路の区域の決定及び供用の開始)
区間敷地の幅員延長 国道等との重複区間
千歳市字美沢140番1地先(一般国道36号交点)から
勇払郡早来町北町53番1地先(一般国道234号交点)まで
6.00m から 58.00m まで8,319.00m一般国道36号重複 L = 15.00m
一般国道234号重複 L = 15.50m

美々と美沢

本文画像に関する注意事項を表示 本文画像に関する注意事項を隠す
  • 写真+数字(写真1、写真2…)
    • PCの場合、クリックすると拡大表示します。
    • タブレット端末・スマートフォンの場合、写真全体を表示します。デバイスの表示サイズにより、拡大されたり縮小されたりします。
    • いずれのデバイスでも、写真の下部に簡単な説明を表示します。
    • 右上部のバツ印、または画面の適当な場所をクリックすると、元に戻ります。
    • クリックしても拡大されない写真は、その点を注記します。
  • 写真+アルファベット(写真A、写真B…)
    • クリックしても、画像は拡大されません。
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。PC以外のデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
  • 地形図
    • 倍率は、PCで表示した場合を基準としています。
    • タブレット端末やスマートフォンでは、横幅が 400px を下回る場合に記述の倍率と異なります。
    • 横または縦の長さが 400px を超える地形図の場合、サイズを記述します。最大長のサイズを下回るデバイスでは縮小され、記述の倍率と異なります。
5万分の1地形図「千歳」(昭和28年第2回修正測量)を約2倍に拡大。
図2。苫小牧市域に「美々」の地名が書かれている。千歳市南端の一般国道36号のルートが現在と異なる。一般国道234号の旧ルートは、御前水から東へ向かう。5万分1地形図「千歳」(1953年第2回修正測量)を約2倍に拡大。

「美々」の地名は、千歳市・苫小牧市の双方にありました。

1902(明治35)年4月1日、苫小牧・勇払・植苗・樽前・錦多峰(にしたっぷ)・覚生(おぼっぷ)・小糸魚(こいとい)の7村が合併し、苫小牧村が成立しました(注3▼)。この際、旧村は大字となります。1944(昭和19)年1月1日に大字を廃止し、14の字と16の町へ改める字名改正が実施され、大字植苗村字美々が字美沢となりました。

胆振支庁(現・胆振総合振興局)からは、隣接する町村の字名と類似するものを避けるよう指導されていました。したがって、千歳町(当時)にもある「美々」は使えません(注4▼)。代わって採用されたのは「美沢」でした。丘陵地から沢にかけての雑木が、四季を通じて美しいことに由来します。

※本項の作成にあたり、『北海道地名大辞典』(角川書店刊)のほか、2000年当時の植苗小中学校教諭・石動祐介氏の『植苗の語源は「ウエンナイ」では美沢は何!?』(ウェブで公開されていたが、現在はリンク切れ)を参照いたしました。

注3
1918(大正7)年1月1日に町制、1948(昭和23)年4月1日に市制を施行した。
なお隣接する千歳市は、1942(昭和17)年5月1日に町制、1958(昭和33)年7月1日に市制施行。
注4
千歳町に美々駅があり、美々川や美々貝塚が地内にあったものの、大字千歳村の小字として「美々」が付けられたのは1942年11月頃であるらしく、大字を廃止し字美々となったのは1951(昭和26)年5月1日である。

沼ノ端の旧ルート

早来-沼ノ端間の新ルートが開通した当初、図1▲のD地点から現在の苫小牧環状線(旧一般国道235号)・上厚真苫小牧線交点までが未開通でした。D地点から右に折れ、一般国道235号交点を経て沼ノ端駅通を右折、駅前で左折し約 370m 並行したのち踏切を渡っていました。

写真1。JR沼ノ端駅。
写真1。橋上駅舎に生まれ変わったJR沼ノ端駅。特急すずらんも停車する。旧駅舎は閉鎖されている。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市沼ノ端中央4丁目
写真2。拓勇通り踏切。
写真2。駅西方にある、旧国道の拓勇通り踏切。道道苫小牧環状線のアンダーパス完成後も、交通量は多い。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市沼ノ端中央5丁目
写真3。沼ノ端駅通より、旧国道を東望。
写真3。。沼ノ端駅通より、直進する旧国道を東望。前方に見える現国道の築堤により、旧道は分断されている。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市沼ノ端中央3丁目
写真4。沼ノ端駅前より、西へ向かう旧国道。
写真4。沼ノ端駅前より、JR線と並行し西へ向かう旧国道。左前方に小公園が見えてきたところで右折する。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市沼ノ端中央4丁目
5万分の1地形図「千歳」(昭和28年第2回修正測量)。等倍。
図3。鉄道に並行する道路はなく、沼ノ端の集落も小規模だった。勇払原野を東へ延びる道は、旧国鉄富内線の跡である。5万分1地形図「千歳」(1953年第2回修正測量)、ほぼ等倍。
2万5千分の1地形図「ウトナイ湖」(平成20年更新)。等倍。
図4。人口が増え続ける沼ノ端鉄北地区。アンダーパスが開通し、旧国道の一部が消えている。2万5千分1地形図「ウトナイ湖」(2008年更新)、ほぼ等倍。
5万分の1地形図「千歳」(昭和42年編集)を約1.5倍に拡大。
図5。沼ノ端跨線橋は建設前だった。沼ノ端市街を通る国道のルートは駅前経由が正しく、地形図が誤っている。5万分1地形図「千歳」(1967年編集)を約1.5倍に拡大。
5万分の1地形図「千歳」(平成10年要部修正)を約1.5倍に拡大。
図6。駅北部の開発が進みつつあった。かつて湿地帯だった場所に宅地を造成し、日高自動車道を建設したのが分かる。5万分1地形図「千歳」(1998年要部修正)を約1.5倍に拡大。

1967年の地形図(図5)でも分かるように、沼ノ端市街と一般国道36号を結ぶ新ルートの工事が進んでいました。図1▲のD地点と現道道2本と交差する地点までが先行開通し、1969年12月に現ルートへの切り替えが完了しました。

旧国道の一部は2000年9月より、苫小牧環状線へ編入されます。総事業費38億円を投じた臨海東通アンダーパスを含む、上厚真苫小牧線交点から拓勇二条通までの約1.2kmは新設区間で、2005年4月1日より全面供用を開始しました。

写真5。旧道の一部は区画整理で消えている。
写真5。右手に幼稚園が見える辺りで左折する。旧国道は直進していたが区画整理で消え、跡地は宅地に取り込まれた。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市北栄町3丁目
写真6。沼ノ端の一般国道234号旧終点。
写真6。一般国道36号交点。同234号終点だった期間は2年9か月と短かった。2000年代に入って都市計画道路「臨海東通」として整備され、道道苫小牧環状線に編入されている。昔日の面影はない。2009年11月8日撮影。撮影地 苫小牧市拓勇東町8丁目
表2 現国道に架かる橋梁
橋名完成全長備考
沼ノ端跨線橋1968年38.7m両方向に歩道設置
新勇振橋1966年14m1978年、歩道併設
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真A・1966年9月2日撮影。一般国道234号現ルートは新規工事中で、新勇振橋の架設が進む。旧ルートや一般国道36号の周辺は原野や湿地で、建造物がほとんどない未開の土地であった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真B・2018年8月6日撮影。屈曲していた勇払川は改修され旧勇払川となり、横断する拓勇三条通・拓勇二条通も整備された。住宅が増え、企業や商業施設が進出し、半世紀で景観は一変した。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、35%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。

関連する告示(一般国道234号)

1968年8月7日建設省告示第2156号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
苫小牧市字沼の端22番の42から 同市字沼の端226番まで前A7.27m ~ 27.00m3.149km
同上後A7.27m ~ 27.00m3.149km
苫小牧市字沼の端22番の42から 同市字沼の端229番まで後B8.50m ~ 40.00m3.006km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
1968年8月7日建設省告示第2157号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
苫小牧市字沼の端22番の42から 同市字沼の端53番の1まで昭和43年8月8日
告示注
  • 図1▲のD地点とA地点を結ぶ現ルートを、B区域に編入した。
  • 供用を開始したのは図1のD地点から、写真Cでは現在の苫小牧環状線交点を経て次のT字路まで。
  • 告示原文の区間終点は、A・B区域とも「字沼の端226番」で統一されている。本稿では位置関係を捉えやすいよう、B区域の区間終点を「字沼の端229番」とした。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真C・1966年9月2日撮影。道道上厚真苫小牧線が未開削で、一般国道235号(当時)との交差点はT字路になっている。234号は沼ノ端市街で直角に曲がる交差点が5か所存在した。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真D・1970年5月16日撮影。現ルートが開通して間もない頃。沼ノ端跨線橋の南側は十字路になっており、旧ルート-沼ノ端市街は通り抜け可能であった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・角度を補正し、80.5%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。
1969年12月8日建設省告示第3824号(道路の区域の変更)
区間変更前後別敷地の幅員延長
苫小牧市字沼の端22番の42から 同市字沼の端226番まで前A7.27m ~ 27.00m3.149km
苫小牧市字沼の端22番の42から 同市字沼の端229番まで前B8.50m ~ 40.00m3.006km
同上後B8.50m ~ 40.00m3.006km
備考上記A及びBは、関係図面に表示する敷地の区分をいう。
1969年12月8日建設省告示第3825号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
苫小牧市字沼の端53番の1から 同市字沼の端229番まで昭和44年12月9日
告示注
  • 終点を切り替えた。旧国道のうち、図1▲のD地点から沼ノ端跨線橋南側の交点までは、道道上厚真苫小牧線となったのちに市道へ、残る区間も市道へ移管された。
  • 現終点の地番はその後「字沼ノ端229番6」となり、2008年1月26日の字名改正で「北栄町5丁目3番1」へ変更した。
  • 旧終点の地番は「拓勇東町8丁目6番31」と思われる。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真E・1985年9月11日撮影。この頃まで、沼ノ端跨線橋南側の十字路は利用できたようである。現在は分断されて通り抜けできない。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・角度を補正し、76.4%に縮小。元画像の縮尺は2万分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真F・2018年8月20日撮影。沼ノ端駅北口の発展は著しい。元々の市街地も東西へ宅地が広がった。小集落だった時代とは隔世の感である。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミングし、35%に縮小。元画像の縮尺は1万分1。

関連する告示(道道苫小牧環状線)

1998年8月14日北海道告示第1397号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
苫小牧市字沼の端519番48地先から
苫小牧市字明野9番58地先まで
前122.00m から 36.00m まで4,812.15m一般国道234号重複 L = 2,351.30m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
同上後122.00m から 36.00m まで4,812.15m一般国道234号重複 L = 2,351.30m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼の端519番48地先から
苫小牧市字沼の端618番1地先まで
後222.00m から 45.00m まで1,306.00m道道上厚真苫小牧線重複 L = 943.00m
告示注
  • 上厚真苫小牧線交点からJR室蘭本線南側の区間が昇格した。
2000年9月19日北海道告示第1562号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
前122.00m から 36.00m まで5,343.15m一般国道234号重複 L = 2,351.30m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市字沼ノ端618番1地先まで
前222.00m から 45.00m まで1,781.62m道道上厚真苫小牧線重複 L = 943.00m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
後1a22.00m から 58.00m まで5,339.15m一般国道234号重複 L = 2,347.30m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市字沼の端618番1地先まで
後2a22.00m から 67.00m まで1,781.62m一般国道234号重複 L = 68.00m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 883.82m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
後1b22.00m から 58.00m まで5,345.15m一般国道234号重複 L = 2,344.80m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市字沼の端618番1地先まで
後2b22.00m から 67.00m まで1,777.62m一般国道234号重複 L = 55.50m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 883.82m
告示注
  • a区域とb区域の違いは、交差点改良による幅員の違いではないかと考えられる。告示の図面を見ていないので、ハッキリとは申し上げられないことをお断りします。
2003年8月1日北海道告示第1362号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
前1a22.00m から 58.00m まで5,339.15m一般国道234号重複 L = 2,347.30m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市字沼ノ端618番1地先まで
前2a22.00m から 67.00m まで1,781.62m一般国道234号重複 L = 68.00m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 883.82m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
前1b22.00m から 58.00m まで5,345.15m一般国道234号重複 L = 2,344.80m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市字沼の端618番1地先まで
前2b22.00m から 67.00m まで1,777.62m一般国道234号重複 L = 55.50m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 883.82m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
後122.00m から 58.00m まで5,339.15m一般国道234号重複 L = 2,338.80m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
後222.00m から 67.00m まで5,398.22m一般国道234号重複 L = 59.50m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 882.82m
一般国道36号重複 L = 1,966.83m
告示注
  • ab区域を一本化した。一般国道234号との重複延長が 4.0m ~ 6.0m 増減している。
  • 2の区域が、一般国道36号交点まで延長された。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真G・1996年9月12日撮影。開けつつあるとはいえ、拓勇東町と北栄町一帯はまだ緑地が多く、街路も未整備だった。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング・角度を補正し、84.1%に縮小。元画像の縮尺は2万5千分1。
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より。
写真H・2001年6月28日撮影。5年足らずの間に、臨海東通・明野南通・拓勇二条通・拓勇三条通・沼ノ端西三条通といった基幹道路と周辺の街路が整備され始めている。国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より引用。解像度 400dpi の写真をトリミング。縮尺は3万分1。
2004年12月21日北海道告示第1002号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
苫小牧市字沼ノ端614番1地先から 苫小牧市字沼ノ端618番1地先まで平成16年12月27日
告示注
  • JR室蘭本線より南側の区間。アンダーパスは含まれない。
2005年3月22日北海道告示第216号(道路の供用の開始)
区間供用開始の期日
苫小牧市字沼ノ端614番14地先から 苫小牧市字沼ノ端230番116地先まで平成17年4月1日
告示注
  • 現在の住所では沼ノ端中央6丁目1番41地先から、拓勇東町1丁目19番16地先まで。
  • 臨海東通アンダーパス入口から、明野南通交点までに当たる。
2005年6月17日北海道告示第10535号(道路の区域の変更)
区間変更前後の別敷地の幅員延長国道等との重複区間
苫小牧市字沼ノ端510番15地先から
苫小牧市新開町1丁目20番1地先まで
前122.00m から 58.00m まで5,339.15m一般国道234号重複 L = 2,338.80m
一般国道36号重複 L = 2,385.85m
同上前222.00m から 67.00m まで5,398.22m一般国道234号重複 L = 59.50m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 882.82m
一般国道36号重複 L = 1,966.83m
同上後222.00m から 67.00m まで5,398.22m一般国道234号重複 L = 59.50m
道道上厚真苫小牧線重複 L = 882.82m
一般国道36号重複 L = 1,966.83m
告示注
  • 臨海東通経由にルートを一本化した。
苫小牧シリーズ
記事一覧を表示 記事一覧を隠す